新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ABBのロボットが、海洋プラごみを3Dプリントして家具やホームウェアを作成

ロボットの3Dプリントを見守る来客

英国・ロンドンの百貨店セルフリッジズ(Selfridges)で、ABBのロボットを使用した3Dプリントのデモンストレーションが実施されている。

3Dプリントの材料として、Parley社の環境保護ネットワーク「Parley Global Cleanup」が回収した海洋プラスチックごみ(Parley Ocean Plastic)を利用し、ABBのロボットが3Dプリンターを使って、家具やホームウェアなどのオブジェを製作するというデモだ。

デモンストレーションは2022年4月中、セルフリッジズに設けたショーウィンドウに展示され、ロボットが3Dプリントに勤しむ様子が公開される予定だ。

3Dプリントのデモンストレーションはセルフリッジズの「SUPERMARKET」コンセプトの一環で、消費者が購入する商品がどのように生産され、環境に影響を与えるかについて考えることを課題としている。

今回稼働するロボットはParley社の環境保護団体「Parley for the Oceans」とナガミとのパートナーシップにより開発された。ABBのシミュレーションソフト「RobotStudio」と工業用ロボット「IRB 6700」を使用している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る