新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タミヤ、楽しい工作シリーズ「泳ぐラッコ工作セット」「ワンウェイクラッチ(2セット)」を発売

泳ぐラッコ工作セット

タミヤは楽しい工作シリーズの新作として、「泳ぐラッコ工作セット」と「ワンウェイクラッチ(2セット)」を2022年6月18日頃に発売する。

泳ぐラッコ工作セットは、お腹の上に乗せた貝殻をたたきながら泳ぐラッコの工作セットだ。背中に搭載した水中モーターの回転をギアボックスでスピードダウンし、尻尾を左右に振ってゆったりと水面を泳ぐ仕組みだ。

腕を上下させて貝殻をたたく動きはカム機構、尻尾に合わせて足を振る動きはリンク機構を使って表現しており、モーターの回転運動が往復運動に変わる仕組みを学習できる。また、尻尾の角度を調整することで、右回り/左回りに旋回も可能だ。

組み立ては接着剤を使わずすべてはめ込みとビス止めで組み立てられる。完成時の寸法は202×75×80mmで、価格は2178円(税込)だ。

ワンウェイクラッチ(2セット)

ワンウェイクラッチ(2セット)は、一方向にだけ回転力を加え逆方向は空転するジョイントパーツだ。直径は約21.2mm、高さは約20mmで、ミニ四駆の小型ローハイトタイヤが装着できるほどコンパクトなサイズが特徴だ。

往復運動から前進する動きだけを取り出したり、往復運動を一方向の回転運動に変換したりできる。また、2mm/3mm六角シャフトと4mmねじ付きシャフトが取り付けられるため、異なる太さのシャフトを連結するときにも使用できるほか、ユニバーサルプレートやユニバーサルアームなどに直接固定できる。価格は528円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る