新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Kitronikから最大8台を制御できるRaspberry Pi Pico用サーボドライバ基板

Kitronikは、最大8台のサーボモーターを同時に制御できる「Raspberry Pi Pico用シンプルサーボ基板」を発売した。標準的な3ピンサーボコネクターを搭載し、アダプターやはんだ付けなしでサーボを直接接続できる仕様となっている。

8つのサーボ駆動用端子以外にも、GPIOに接続する5つの外部端子やGND端子も備える。追加の入出力デバイスをボードに接続したり、デバイスからのデータをRaspberry Pi Picoに読み込ませてコントロールしたりといった用途に適している。

電源はターミナルブロックコネクターから供給され、ボードのスイッチでオン/オフが可能。40極コネクターを介してRaspberry Pi Picoに3Vの電力を供給できるため、Picoへ直接電源をつなぐ必要はない。ボードの電源接続端子は逆極性保護機能も備えている。

MicroPythonによるサンプルコードもGitHubで公開されており、購入後すぐに機能を試すことができる。Raspberry Pi Pico用シンプルサーボ基板のサイズは65×36×14mm。スイッチサイエンスのWebサイトから購入できて、価格は1265円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る