新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應大、鎌倉市にプラスチックのアップサイクル施設「リサイクリエーションラボ」を開設——発足記念の配信イベントも

慶應義塾大学SFC研究所 環デザイン&デジタルマニュファクチャリング共創ラボ(代表:田中浩也 慶應義塾大学環境情報学部教授)は、JR鎌倉駅から徒歩5分の場所(※)に都市型のプラスチックアップサイクル施設、通称「リサイクリエーションラボ」を開設する。
※ 鎌倉市大町 1 丁目 1-14 AK 大町ビル

施設1Fイメージ 施設1Fイメージ

リサイクリエーションラボには、椅子やベンチを作ることができる家具スケールの大型3Dプリンターをはじめ、素材の破砕機や乾燥機、リペレッターなどが設置される。こうした設備を活用し、再生プラスチックを利用したオフィス家具など、3Dプリント製の高品質なプラスチックプロダクトをつくることができるという。

ラボに設置される1メートルサイズの大型3Dプリンター ラボに設置される1メートルサイズの大型3Dプリンター
ラボで製作可能な3Dプリント製プロダクトの実例(再生プラスチックを利用したオフィス家具) ラボで製作可能な3Dプリント製プロダクトの実例(再生プラスチックを利用したオフィス家具)

田中教授らは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の際に、全国各地から集めた使用済みプラスチック洗剤容器24.5トンをリサイクルし、表彰台を3Dプリンターで製造するプロジェクトで設計と統括を務めた。

これをきっかけに確立したプラスチックのアップサイクル技術とノウハウを、人口10万人以上の中都市における資源循環システムとして社会に定着させるため、鎌倉市をテストフィールドとしたリサイクリエーションラボの開設に至ったという。

行動変容を誘発する回収装置「しげんポスト」の外観イメージ 行動変容を誘発する回収装置「しげんポスト」の外観イメージ

なお、この施設は国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「共創の場形成支援プログラム (COI-NEXT)」に育成型(地域共創分野)プロジェクトとして採択された、「デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点」の地域研究活動サテライト拠点となる。

2022年6月4日には、リサイクリエーションラボの発足を記念したキックオフシンポジウム「リスペクトあふれる循環創造社会を目指して」が開催される。誰でも無料でオンライン配信を閲覧できるが、Peatixのイベントページより事前申し込みが必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る