新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi CM4やNVIDIA JetsonをMini-ITXサイズに集約——4ノードクラスター「Turing Pi 2」

Raspberry Pi Compute Module 4(CM4)やNVIDIA Jetsonシリーズを最大4枚まで搭載できるMini-ITXサイズの「Turing Pi 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

Turing Pi 2は、小型かつ静音であり、エネルギー効率の高い4ノードクラスターだ。Turing Pi 2については以前fabcrossでも紹介しているが、今回のクラウドファンディングで正式に提供開始となる。Turing Pi 2は、スマートホーム、セルフホスティング、Kubernetesなどのクラウドネイティブスタック、機械学習などに利用できる。

Turing Pi 2

Raspberry Pi CM4のほか、独自開発の「Turing RK1」、機械学習やデータサイエンスに適したNVIDIA Jetson Nano/TX2 NX/Xavier NXに対応。Raspberry Pi CM4とJetson Nanoを同時に搭載するなど、異なるモジュールを組み合わせた構成にすることもできる。ファームウェアはオープンソース化し、ノードごとのOTA(Over The Air)更新やリモートクラスター管理にも対応する。

Turing Pi 2

基板には、GbE L2マネージドスイッチ、SATA3(6Gbps)ポート×2、イーサネットポート×2、HDMIポート、DSIポート、USB 3.0ポート×3、SIMスロット、VLANサポート、24ピンATX電源、40ピンGPIO、ベースボード管理コントローラー(BMC)などを搭載する。拡張性にも配慮し、ワイヤレスモジュールやセルラーモデムなどの後付け用に、Mini PCI Expressスロットも2つ備える。

Turing Pi 2

Turing Pi 2の早期割引価格は209ドル(約2万7000円)で、出荷は2022年9月の予定だ。送料はキャンペーン終了後に確定する。

Turing Pi 2 は、2022年6月16日までクラウドファンディングを実施中。2022年5月31日時点で、6万4000ドル(約810万円)の目標額をはるかに上回る約150万ドル(約1億9000万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る