新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi CM4やNVIDIA JetsonをMini-ITXサイズに集約——4ノードクラスター「Turing Pi 2」

Raspberry Pi Compute Module 4(CM4)やNVIDIA Jetsonシリーズを最大4枚まで搭載できるMini-ITXサイズの「Turing Pi 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

Turing Pi 2は、小型かつ静音であり、エネルギー効率の高い4ノードクラスターだ。Turing Pi 2については以前fabcrossでも紹介しているが、今回のクラウドファンディングで正式に提供開始となる。Turing Pi 2は、スマートホーム、セルフホスティング、Kubernetesなどのクラウドネイティブスタック、機械学習などに利用できる。

Turing Pi 2

Raspberry Pi CM4のほか、独自開発の「Turing RK1」、機械学習やデータサイエンスに適したNVIDIA Jetson Nano/TX2 NX/Xavier NXに対応。Raspberry Pi CM4とJetson Nanoを同時に搭載するなど、異なるモジュールを組み合わせた構成にすることもできる。ファームウェアはオープンソース化し、ノードごとのOTA(Over The Air)更新やリモートクラスター管理にも対応する。

Turing Pi 2

基板には、GbE L2マネージドスイッチ、SATA3(6Gbps)ポート×2、イーサネットポート×2、HDMIポート、DSIポート、USB 3.0ポート×3、SIMスロット、VLANサポート、24ピンATX電源、40ピンGPIO、ベースボード管理コントローラー(BMC)などを搭載する。拡張性にも配慮し、ワイヤレスモジュールやセルラーモデムなどの後付け用に、Mini PCI Expressスロットも2つ備える。

Turing Pi 2

Turing Pi 2の早期割引価格は209ドル(約2万7000円)で、出荷は2022年9月の予定だ。送料はキャンペーン終了後に確定する。

Turing Pi 2 は、2022年6月16日までクラウドファンディングを実施中。2022年5月31日時点で、6万4000ドル(約810万円)の目標額をはるかに上回る約150万ドル(約1億9000万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る