新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サンステラ、3Dプリンター用フィラメント乾燥機「SUNLU Fila Dryer S2」を発売

サンステラは2022年6月15日、GREEN FUNDINGで「SUNLU Fila Dryer S2」の資金調達プロジェクトを開始した。

同製品は、吸湿しやすいフィラメントを印刷前にあらかじめ乾燥させておくことで、良好なコンディションを維持できるという乾燥機だ。

PLAやPETG、TPUなど8パターンのマテリアル(材料)モードが設定されており、樹脂ごとに適切な温度に加熱した上で3Dプリントを実行可能だ。造形品質の向上に加え、吸湿したフィラメントの再生および吸湿防止にも活用できる。

同製品には、サンステラの特許技術によるヒーティングプレートを採用しており、周囲360°全体で加熱できる。短時間でムラなく均一に造形できるため、造形時のリードタイムを削減できる。最大70℃まで加熱可能だ。従来対応していたPLAやPETG、TPU、ABS、PVA、PVBに加え、PAとPCにも対応した。

乾燥用途ではほとんどの1000g巻フィラメントに対応しており、印刷中の動作に関してさまざまな機種で利用可能だ。Flashforgeの「Adventurer 3」および「Adventurer 4」などの一部製品では、フィラメントカートリッジ上部を開放することで利用できる。なお同製品は、海外発売開始当初はPSE認証を取得していなかったが、今回の販売ではACアダプターに加え本体もPSE認証を取得した。

同製品のサイズは265×274×118mm、重量は1190g、対応フィラメント直径は1.75mmと2.85mm。一般販売予定価格は1万2000円だが、GREEN FUNDINGでは割引価格で購入できるプランを複数用意している(価格は全て税込)。

SUNLU Fila Dryer S2は2022年8月10日までクラウドファンディング中だ。目標金額50万円に対し、同年6月17日時点で97万円以上を集めている。リターンの出荷は2022年7月以降を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る