新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」

Wiibooxは、フード3Dプリンター用のエクストルーダー「LuckyBot」を発表した。Crealityの「Ender」シリーズと「CR-10」シリーズ、Anycubicの「Mega」シリーズ、「Voxelab Aquila」などと互換性がある。

photo

LuckyBotは、対応するFFF方式3Dプリンターに搭載することで、フード3Dプリンターとして利用できるエクストルーダーだ。自宅の3Dプリンターを使って、フード専用3Dプリンターのようにさまざまな食材を使ったデザインを楽しめる。

photo

LuckyBotが対応可能な食材は、チョコレート、ピーナッツバター、クリーム、チーズ、ジャム、マッシュポテト、サラダドレッシングなどで、イラストを2Dで描いたり、3Dモデルを造形したりできる。

photo

使用部材は、本体のABS、ノズルのステンレス鋼、チューブのPPなどいずれも食品向けグレードのものを使用し、FDA、FCC、CE認証を取得している。また、安全機能として、0~50℃の範囲の温度制御と自動電源オフ機能を搭載。0.5℃の精度で温度をコントロールする高度な温度制御アルゴリズムと、モーター制御システムにより樹脂フィラメントと同等レベルの精度のプリントが可能だという。

photo

本体の重さは675gで、デジタル表示とボタン×3を備える。温度制御やリードスクリューの設定が容易にでき、操作は標準ソフトウェアで対応する。価格は199ドル(約2万7100円)だが、今なら公式Webサイトにて159ドル(約2万1700円)で販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る