新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Systemsとエアバス、3Dプリントで人工衛星用大型アンテナアレイを共同で開発

Airbus Defence and Spaceの衛星「OneSat」の大型アンテナ用部品向けに、3D Systemsが開発した金属3Dプリントソリューションが採用された。

photo 出典:Airbus Defence and Space

3D SystemsとAirbus Defence and Spaceは、これまで7年にわたり協業してきており、初の3Dプリントによる無線周波数(RF)フィルタの生産などを行ってきた。

Airbus Defence and Spaceの衛星OneSatは、軌道上で仕様を変更できる最初の衛星だ。3D Systemsは、材料や3Dプリント技術、ソフトウェア、アプリケーションなどからなる専門チームを構成して積層造形ソリューションを設計。金属3Dプリンター「DMP Factory 500」ソリューションにより、同衛星の大型アンテナアレイに必要な部品の生産に成功した。

同社らは、積層造形で部品を製造することにより設計の自由度が増し、軽量化、部品性能の最適化、市場投入までの時間短縮が可能になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る