新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小型OLEDディスプレイに直結できる——極小Arduino互換ボード「AVR64DB32 Tiny Board」発売

ATmega328の後継モデルAVR DxシリーズのAVR64DB32を使用した、極小Arduino互換ボード「AVR64DB32(Arduino互換)Tiny Board(0.96”OLED display直結仕様)」が発売された。

photo

従来製品のATmega328版と同様に、0.96インチOLEDディスプレイと重ねて超小型のインテリジェントディスプレイを作ることができる。また、すべてのGPIOが2.54mmサイズで出ており、超小型のArduinoとしても使用できる。価格は1540円(税込)だ。

photo 極小基板だが全てのピンが引き出されている

0.96インチOLEDディスプレイが付属したモデルもあり、こちらは2090円(税込)となる。いずれもスイッチサイエンスのオンラインショップで販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る