新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小型PCユニットを付け外し可能——パソコンとキーボードが一体化した「Abacus」

Windows 10をプリインストールしたキーボードPC「Abacus」がKickstarterに登場し、キャンペーン開始後わずか2時間で目標額を達成するほど人気を集めている。

Abacusは、一見シンプルなキーボードだが、取り外し可能な小型PCユニットを備えた薄型軽量のポータブルデバイスだ。好きなディスプレイとHDMI接続するだけで、書類作成、Webサイト閲覧、動画視聴、プログラミング、ゲームなど、通常のPCと同じように使える。

Abacus

PCユニットには、Intelクアッドコアプロセッサー、eMMC(最大容量128GB)、メモリー(最大8GB)を搭載し、Wi-FiおよびBluetoothに対応している。PCユニットは、2.4GHz接続ベースの独自技術「Infinite Connect」によりキーボードと常時接続するため、電源ケーブルやHDMIケーブルとつながったPCユニットは部屋の隅に置き、キーボードは膝の上に置くといったような使い方も可能で、ケーブルの取り回しを気にせず使用できる。

Abacus

Abacusは3種類あり、ストレージ容量32GB/メモリー2GBの「Abacus Basic」、64GB/4GBの「Abacus Plus」、128GB/8GBの「Abacus X」を用意している。Abacus BasicはMIDIコントローラーと互換性があり、Abacus Plusは3Dプリンター用スライサーソフトを使用でき、Abacus XはCAD用途にも適しているという。

PCユニットの大きさは93×62×25mmで、USB2.0ポート×2、USB3.0ポート×1、HDMIポート、ギガビットイーサネットポート、3.5mmオーディオジャック、micro SDスロットを備え、電源には18W以上のUSB PDを使用する。PCユニットはGPIOピンも備えているので、電子工作もできる。また、プリインストールされているWindows 10 Homeのほか、Linuxディストリビューションもインストールして使える。トラックパッド付きキーボードの大きさは93×268×25mmで、バッテリーを内蔵しておりmicro USBポート経由で充電する。

Abacus
Abacus

Abacusはエネルギー効率も高く、通常のデスクトップPCより消費電力を75%削減している。筐体にはリサイクルプラスチックを利用し、2.5mm厚の射出成形で頑丈だ。

Abacusのキャンペーン価格は、Abacus Basicが124ポンド(約2万円)、Abacus Plusは168ポンド(約2万7000円)、Abacus Xは208ポンド(約3万4000円)。その他に、価格は25ポンド(約4100円)高くなるが、各モデルのポリカーボネート製透明筐体版も用意している。出荷は、Abacus X以外が2023年1月、Abacus Xは2023年2月の予定で、送料はキャンペーン終了後に確定する。

Abacusは、2022年8月11日までクラウドファンディングを実施中。2022年7月25日時点で、3万5000ポンド(約570万円)の目標額の6倍を上回る約21万ポンド(約3500万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る