新しいものづくりがわかるメディア

RSS


チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表

仏QUALUP SASは、マルチマテリアルに対応したFFF方式3Dプリンター「Qu3 HT」を発表した。メンテナンスによるダウンタイムを短縮するため、モジュラーデザインを採用している。

photo

Qu3 HTは、高温設定が可能なノズルやヒートチャンバー、ヒートベッドを搭載し、標準タイプから高耐熱性タイプまで、幅広い材料の造形ができるFFF方式3Dプリンターだ。プリントヘッドは交換式で、高耐熱性フィラメントやペレット、熱硬化性樹脂、ペースト材料、カーボン/ファイバーグラス充填材料などに対応できる。

photo PEKK
photo PPSU
photo

ヒートチャンバー内の温度は30~270℃に調節、保持が可能で、造形中の反りや収縮、変形を抑制する。プリントの安定度を高めるだけでなく、造形後のアニール処理や結晶化、応力除去などの熱処理もでき、PEEK、PEKK、PPSU、PEIなどの高機能材料に対応する。

photo

プリントヘッドはステンレス鋼製ハウジングに収められ、240mmラジエーター搭載の水冷システムが熱から守る。420℃で材料を排出する数時間のプリントでも、45℃以下に維持できるとしている。2分程度で装着でき、セルフシーリング式コネクターがクーラントの液漏れを防ぐ。装着したヘッドのタイプは本体が認識し、設定も自動だ。

photo

チャンバー内にはプリントコントロールカメラがあり、レイヤーをリアルタイムで確認しながら厚さの調節ができる。オプションでFLIR製のサーマルカメラも内蔵でき、離れた場所からでもチャンバー内の映像を確認できる。

photo

最大造形サイズは300×250×300mmで解像度は0.01mm以下、ノズル温度は300~500℃、ヒートベッドの温度は30~250℃で設定できる。ヒートベッドは、造形材料に応じてPEEKやPEI、銅、アルミニウム、セラミック製などを用意している。Core i5プロセッサーPCを搭載し、12インチのタッチスクリーンですべての操作ができ、有線か無線(Wi-Fi)で外部デバイスとの接続も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る