新しいものづくりがわかるメディア

RSS


NSITEXEなど4社がエッジAIプラットフォーム開発で協業

NSITEXEとOTSL、京都マイクロコンピュータ(KMC)、アクセル(AXELL)の4社は、RISC-V ISAを採用したNSITEXEのAI推論処理IP向けエッジAIプラットフォーム開発での協業を発表した。

デンソーのスピンオフであるNSITEXEのAI推論処理IPとは、MIMD型ベクトルプロセッサと独自のアーキテクチャを採用した2D Convolution Engineを組み合わせた半導体IPだ。車載電子システム向け機能安全規格ISO26262で安全要求レベルが最も厳しいASIL Dまで対応し、自動車をはじめとするさまざまなエッジデバイスにおけるAI推論処理を安全かつ低消費電力で行う。

エッジAIプラットフォームは、学習済みニューラルネットワークモデルをAI推論処理IP向けに変換するデプロイツールと、ニューラルネットワークモデルを演算・実行するミドルウェアで構成される。ユーザーは機械学習ライブラリTensorFlowやPyTorchなどのフレームワーク上で開発したモデルをAI推論処理IP上で処理できる。

NSITEXEはニューラルネットワークフレームワークやMATLAB/Simulink上で作成したモデルをAI推論処理IPへデプロイする環境を提供する。OTSLはRISC-Vベクトルプロセッサ上で動作するリアルタイムOSを、KMCは同プロセッサ向けLLVM/Clangコンパイラを提供する。AXELLは組込システムに最適なAI実行環境を提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る