新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ

さまざまなシングルボードコンピューターと組み合わせてUHF帯RFIDリーダーを作れる拡張ボード「UHF RFID」シリーズがKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

UHF RFIDは、Raspberry PiなどのSBCと接続して、UHF帯RFIDリーダーを製作できる拡張ボード。1秒で最大50枚のタグを読み取れる「Lite」と同200枚読み取れる「Max」バージョンを揃えており、それぞれRaspberry Pi用HAT/Pico用拡張ボード/ブレークアウトボードの3種類を提供する。

photo

UHF RFIDは、840~960MHzのUHF(極超短波)帯周波数を送受信するアンテナを搭載し、通信距離が比較的長いのが特徴。情報が書き込まれたタグを、離れた場所から一括で読み取れるRFIDシステムを低コストで構築できる。

photo

UHF RFID Liteの通信距離は最長2mで、タグの読み取りのみ対応する。5Vの電源で動作し、Raspberry Pi用HAT/Pico用拡張ボードには、0.91インチのOLEDディスプレイを搭載する。

photo

UHF RFID Maxの通信距離は最長5mで、タグの読み取りと書き込みに対応する。3.3Vの電源で動作し、Raspberry Pi用HAT/Pico用拡張ボードには、1.14インチのOLEDディスプレイを搭載する。Lite、Maxとも国際規格Rain RFIDに対応し、ISO 18000-63とEPC Gen2V2に準拠する。

photo

UHF RFID Liteは、Raspberry Pi用HAT/Pico用拡張ボード/ブレークアウトボードをそれぞれ、99ポンド(約1万6100円)/99ポンド/89ポンド(約1万4500円)で提供する。UHF RFID Maxは、Raspberry Pi用HAT/Pico用拡張ボード/ブレークアウトボードをそれぞれ、299ポンド(約4万8900円)/299ポンド/249ポンド(約4万円)で提供する。いずれもUHFタグ10枚が付属する。出荷は2022年11月を予定しており、日本への送料は15ポンド(約2450円)だ。

UHF RFIDは、2022年9月26日までクラウドファンディングを実施中。9月20日時点で、目標額の500ポンド(約8万2000円)を上回る約3600ポンド(約59万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る