新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AI自動運転走行で北海道一周——チューリングによる実証実験

今回のプロジェクトに用いたAI自動運転システム搭載車両

チューリングは2022年10月12日、AI自動運転システムの実用性および耐久性の実証を目的に、北海道一周長距離走行プロジェクトを実施したと発表した。

AI技術に強みを持つチューリングはこれまで、千葉県内の公道や日本自動車研究所所有の城里テストセンター内で自動運転システムを開発・検証してきた。

同プロジェクトは、自動運転システムのさらなる安全性、信頼性、耐久性に関する技術向上を目的としている。実証結果を用いてAI自動運転技術開発の早期実現を目指す。今回は該当自治体や北海道道庁の協力の下、函館市から札幌市、稚内市、釧路市、帯広市を経由し、総走行距離1480kmのうち約95%の道のりを自動運転モードで走行することに成功した。

同社によれば、今回のプロジェクトは「北海道全域を実証実験地区と設定した取り組みとしては国内初」であるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る