新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

90年代のミニマム・モダン・シンプルが凝縮したテレビ 「SONY TRINITRON COLOR TV KV-10PR1(white)」

毎日冬らしい寒さが続いて本当に寒い。僕のファクトリーも不在が多いためいつも空気がキンキンに冷えていて、注意していないと風邪を引きそうになる。

そんな中、今年から開始するあるプロジェクトのため電車で埼玉の東松山に行ってきた。ここには実は大きい工業団地があって、僕の主宰するデザインアンダーグラウンドのオリジナルカセットテープを作ってもらっている会社もある。

ただ、今回はそちらとは全く別の用件で日本最大の廃棄家電回収処理をしている会社を訪問。どんなものがあるのか興味津々で、倉庫内を案内していただきながら見てきた。詳しくは言えないが、圧倒的な量の家電やその他もろもろの品物が所狭しと並んでいた。

前振りが長くなってしまったが、今回紹介するのはそこのテレビコーナーにあった、今でも魅力を感じる家電。

それはソニーの90年代製のブラウン管テレビ「KV-10PR1」という知る人ぞ知る小型卓上テレビだ。

このテレビは、ダークグレーと今回紹介するオフホワイトの2色が存在する。僕の記憶では当時一般家庭使用はホワイト。ダークグレーは一般家庭でも使用されていたが、よく店舗で販促用ビデオを流すのに活用されていたのを覚えている。

このKV-10はトリニトロンの10インチと画面サイズがちょうど良くデザインも洗練されていて特にホワイトモデルは抗菌仕様で人気だった。

また、映像入力はもちろん出力端子も備え、スピーカーはモノラルだったが十分でトリニトロンの画像は鮮やか、小型のテレビの中では光った存在の製品だった。

現在は地デジ化したためテレビチューナーは使用できないが、映像のモニターとしてはちまたにある安い液晶テレビよりもインテリア性が高くとてもカッコいいのではないだろうか。平面テレビが主流の今こそ存在感が際立つ存在のテレビだと思っている。

SONY TRINITRON COLOR TV KV-10PR1(white)

発売時期:1996年(平成8年)

1996年に起きた主な出来事

  • 世界初の哺乳類の体細胞クローンである羊「ドリー」がイギリスで生まれる
  • 任天堂の家庭用ゲーム機「NINTENDO64」発売
  • 広島県の原爆ドームと厳島神社が世界遺産に登録

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る