新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

初代はいつもデカくて重い。でも欲しかったポータブルプレーヤー 「SONY Mini Disc Player MZ-2P(MD Walkman)」

2017年を迎え、体調も整えながらまた新たな気持ちで蒐集活動に取り組んでいくのでどうぞよろしく。今年は新たに蒐集ポイントを拡大してさらにユニークな家電を紹介したいと思っている。

2017年初めに紹介する蒐集品はソニーの初代MDウォークマンで再生専用の「MZ-2P」だ。これは当時発売された2機種のひとつで、もうひとつの「MZ-1」は録音と再生が可能だった。

今回の品は某蒐集場でひっそりと棚に転がっていたもので、専用のケースにオリジナルのイヤフォンも一緒に付属していた。

実際カセットウォークマンも、CDウォークマンも初代はどれも大きく重くて再生専用なところは共通である。

そして気になる当時の価格は5万9800円(税別)だ。MZ-1が7万9800円と当時としてはかなり高価で、再生専用のMZ-2Pは2万安という設定のようだ。

本体のデカさはメカの大きさというよりも電池の大きさによるもので、ソニーはウォークマン向けにガム型充電池を発売していたが、MZ-2Pの電池はガム型電池の7~8倍あったためこの大きさと重さになったと思われる。これは携帯電話の歴史にも通じる。

だがMDというメディアにいかにソニーがこだわっていたかの一端も見えてくる。しかしそのMDにこだわるあまりアップルのiPodを筆頭とするストレージ内蔵型MP3オーディオプレーヤーの開発に遅れをとってしまったことも事実。そこもある意味ソニーらしさだと思っている。 

SONY Mini Disc Player MZ-2P(MD Walkman)

発売時期:1992年(平成4年)

1992年に起きた主な出来事

  • 毛利衛さんが宇宙飛行士としてスペースシャトルに搭乗
  • 東海道新幹線「のぞみ」が運転開始
  • 高エネルギー物理学研究所の森田洋平博士が日本で最初のWebサイトを開設

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る