新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イベントレポート

地方イベントに行こう!長野県発の「上モノラボ」は上田と東京のMakerの人間交差点だった

手作り自転車からしょーもないグッズまでの幅広さ

ハンドメイドバイシクル(北アルプス工房 タワーサイクルズ)

タワーサイクルズのハンドメイドバイシクル。 タワーサイクルズのハンドメイドバイシクル。

タワーサイクルズは、一人一人の体に合わせた手作りフレームの自転車を作る安曇野市のハンドメイドバイク工房だ。代表のチダリュウジさんは、長野県の電気メーカー製造事業所に就職したあと、「究極の一品一様」を求め自転車製作に転向。アメリカのポートランドにあるUnited Bicycle Instituteで、ポートランドを代表するフレームビルダーたちからフレーム設計/製造技術を学んだ。看板のない小さな工房で、一つ一つ丁寧に自転車を作り上げている。その丁寧なものづくりの姿勢が、お話する様子から伝わってきた。

自動リチャージロボ FOR INGRESS(kandre)

ポータルが攻撃されるとパトランプが回り、自動でリチャージしてくれる。 ポータルが攻撃されるとパトランプが回り、自動でリチャージしてくれる。

kandreさんが作ったのは、スマートフォンゲーム「Ingress」でリチャージをしてくれるロボットアーム。Ingressのポータルが攻撃されたという通知が指定したGmailアカウントに届くと、Raspberry Pi がそれを読み取り、パトランプが点灯。Arduinoがスマートフォンの電源を入れ、ロボットアームが動き、ロボットアームの先についているタッチペンがリチャージを行う。「こういうしょーもないものでも形になると、それを介して他の人とお話ができるのが面白いですね。Ingressに興味がない人でも、原理を伝えると面白がってくれます」(kandreさん)。

コロコロ革命(新里祐教)

新里さんとコロコロ革命。 新里さんとコロコロ革命。

Maker Faire Tokyoなど東京のイベントをはじめ、国内外のものづくり系イベントに出展し、ドローンにプロジェクションマッピングをしたり、脳波で迷路を作ったりと、次々と斬新な発想の作品を公開している新里祐教さん。彼が今回持ってきたのは、お掃除で使うコロコロ。この「コロコロ革命」という作品は、コロコロを転がすとそれに合わせて音が出るというこれまた「しょーもない」ものである。コロコロを転がすと掃除機の音が出る、女の子の声がする……等々。でもこのしょーもなさがまたMakerらしい。仕組みとしては、コロコロの中空部分に加速度/ジャイロセンサを仕込み、そのセンサの値をkonashiで取得、その値によってiPhoneアプリから音が鳴るとのこと。

Hanabi Run(エンタメイカー)

足元のすのこがコントローラーになっていて、体重移動で画面の中のキャラクターを操作できる。 足元のすのこがコントローラーになっていて、体重移動で画面の中のキャラクターを操作できる。

普段はゲーム会社でプログラマのお仕事をされているエンタメイカーさんも東京からの出展。Maker Faire Tokyo 2015では、ベッドに寝たままゲームがコントロールできる「寝るコン」で注目を集めていたので、ご存じの方も多いかもしれない。今回は同じ仕組みを使った、すのこでできたボード状のコントローラーを作成/展示。すのこコントローラーには、Arudinoが仕込まれており、体重を左右に動かすことでHanabi Runというゲームをプレイすることができる。来場者は皆、すのこの上で実際に体を動かし、ゲームを楽しんでいた。

会場にはワークショップスペースもあり、終日子供たちを含めたたくさんの人が参加。 

littleBitsのワークショップは子供に大人気。 littleBitsのワークショップは子供に大人気。

飲食コーナーでは、地元の飲食店によるサンドイッチや、ソーセージなども楽しめた。

ソーセージ、ハム、サンドウィッチなどが食べられた。 ソーセージ、ハム、サンドウィッチなどが食べられた。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る