新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イベントレポート

世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」

バカ工作とファッションの出会い

ここからは本日のメインイベント、登壇者が今回のイベントのために用意した新作の発表だ。テーマは「ファッション」。猫も杓子もウェアラブルな世の中に対して、ダメ工作からはどのようなアプローチが飛び出すのか。

ゲストコメンテーターには、ロボティクスファッションクリエイターのきゅんくんが登場。ロボットが好きすぎて一緒にいたいという思いで作った、ウェアラブルロボットアームMETCALFシリーズを紹介した。

森これは電気で動かしているんですか?

きゅんくんスマートフォンで操作をしていますが、基本的にはサーボモーターを動かしているだけです

藤原じゃあ一緒ですね

石川急に仲間意識が芽生えてる

「人を殺せるメガネ」

それでは、メンバーが作った新作を見ていこう。まずは、再び石川さんからスタート。

石川さん曰く、頭の悪い人がなりたがる職業No.1はスナイパー(理由:なんかかっこいいから)。しかし、実際に銃を持つと法律に反して捕まってしまう。そこで、銃刀法違反で捕まらないために、メガネで人を殺せるようにしたという。

早速その姿と破壊力をご覧いただこう。

違和感なく溶け込む本体。 違和感なく溶け込む本体。

バネで勢いよく飛び出したメガネが、見事ポテトチップスの容器を倒した。人を殺せるかどうかはさておき、十分すぎる威力とスピードだ。

見事な完成度のスナイプメガネ。しかし、まさにこのイベントの当日、ほとんど同じコンセプトの作品が発表されるという悪い奇跡が起こっていた。

明和電機と株式会社人間によるコラボ作品「ガントバス」。 明和電機と株式会社人間によるコラボ作品「ガントバス」

石川恐ろしいかぶり方をしてしまったんですけど、僕は1カ月前からコツコツ作ってきたし、土佐社長は今朝になってもできてなかったようなので、僕の方が早い。もしくは土佐社長をスナイプするしかない

マンスーン謎の力で石川さんがネットから消えるかも

きゅんくん刃物とかつけてもっと殺傷能力高めたいですね。でも証拠が残ってしまうことが難点

越智今日のテーマは『殺し』じゃないですから

「ウェアラブル回転イカ一夜干しマシン」

長崎で見た、イカを干すマシンにいたく感動したという爲房さん。

爲房すごくかっこいいし、回転しているのでエンタメがあって機能美もある。ぜひ身につけたいと思った



そこで完成したのが、世界初の着られるイカ干し装置、「ウェアラブル回転イカ一夜干しマシン」である。

画用紙のイカがフラフープにつけられ勢いよく回る! 腰回りのパイプにモーターが仕込まれており、そこに乗ったフラフープが激しく回転するという仕組みだ。


きゅんくん私もよくスカートを回したいとか考えるんですけど、結構難しいんですよ。それがちゃんと回っていたのですごいと思います


しかし内側のパイプは爲房さんが直接手で持つ必要があり、実はほぼ身動きを取れない。機能美に憧れて作ったはずが、身につけた瞬間それがどこかへ行ってしまうという儚さを感じる作品でもある。

「コアラのマーチの絵柄を消すマシン」

てらおか現象さんが目をつけたのは、またもやお菓子。「コアラのマーチ」に描かれているコアラは、現在366種類もの柄=ファッションに身を包んでいるという。


てらおか現象でも、僕はファッションに興味がないんです。
だからファッションを消します

藤原怖い

ここで装置の実演。ゆっくり進むコアラのマーチの上で、湿らせたスポンジを高速回転させることで絵柄をにじませて消すという仕組みだ。

まずはファッションに身を包んだコアラをセット。 まずはファッションに身を包んだコアラをセット。
全力でスポンジを回す。 全力でスポンジを回す。
まっさらなコアラのマーチが……! まっさらなコアラのマーチが……!

藤原すごーい!

きゅんくん服だけじゃなくてコアラも消えてますけど。本来のコアラってのは、顔すらもない姿のことなんですか?

てらおか現象そうですね。所詮印刷なんで

越智今日ロッテの方来てないですよね?


会場からは悲鳴に近い声も聞こえたが、見事に消えたコアラのマーチ。ファッションを全否定し、ウェアラブルの流れにもなびかない孤高のアプローチであった。

「全自動ハンカチ落としマシン」

いくらオシャレに気を使ってもモテない人はモテない、と語る藤原さん。そこで今回は「自然と出会いが増えちゃうマシン」を作ることにしたという。


藤原ナンパされるためには、女性が何かアクションを起こさないといけない。私がハンカチを落としたらその先に何かあるんじゃないかと思って

そうして作られたのが、この「全自動ハンカチ落としマシン」。適当に落として変な人が拾っても困るので、GoProでモニターしてイケメンが後にいたら落とす仕組みが組み込まれている(ガムテープで)。

ターゲットを見極めて落とす! ターゲットを見極めて落とす!

きゅんくんすごい機能的なファッションですね

藤原きゅんくんにも作ってあげますよ


ちなみに、実際に装置を頭につけて原宿を歩いたところ、出会いどころか皆が避けて歩いて行ったという。現実は非情である。

「ドキドキアホ毛マシン」

アニメが大好きなマンスーンさんは、誰もアホ毛に目をつけていないことに着目。アホ毛をなんとかデバイスにしたいということで、おもむろにカチューシャを取り出した。

カチューシャに装着されたLEDが、指にはめた心拍センサーに応じて点滅している。さらに、ここでアホ毛のスイッチを起動すると……

あまりにも繊細。しかし、確実に心拍に応じてアホ毛が動いている!

アホ毛には、電気に応じて伸縮するバイオメタルファイバーという素材が利用されている。サーボモーターと違って駆動音がしないことが、こだわりポイントだ。


きゅんくんアホ毛はかわいいから、その方向に着目するのはよいと思う。女の子とかコスプレイヤーに売れるかも

マンスーンきゅんくんと近くてめっちゃドキドキしているので、アホ毛の動きが早くなってますね

風車服/一人花吹雪

森さんの番になったが、壇上にはその姿が見えない。帰ってしまったのでは?と思われたその瞬間、控え室から何かが飛び出した。

マンスーンなんなんですかコレ

森風車服ですね。ウェアラブル風車。見てわかる通り、風車を服につけたっていう

説明不要のインパクト。そして、風車は扇風機から風をあてて回す。


きゅんくんモーターを使ってないのが面白い

森そう、皆さん電気に頼りすぎなんですよ

マンスーン扇風機で一番電気使ってるじゃないですか!


ただでさえ迫力満点の風車服だが、さらに追加装備がある様子。怪しげな筒を背負い、搭載された赤いブロワーの電源を入れると……

頭上から紙吹雪が飛び出した。もうなんでもありである。


きゅんくんその赤いのは空気を出しているんですか?

森これはブロワーですね。これで紙吹雪を飛ばしています

きゅんくんその風流で風車も回せるとよかったですね

森あっ……!



こうして、個性豊かすぎる5作品が紹介された。

きゅんくんのお気に入りは、「すごく自然」という理由から「ドキドキアホ毛マシン」。荒んだ気分の時には「コアラのマーチの服を消すマシン」を使いたいとの評価もいただいた。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る