新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

浅草橋工房(東京都台東区)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は東京都台東区の「浅草橋工房」。JR浅草橋駅から徒歩数分の場所にあるものづくりスペースだ。

浅草橋工房のオープンは2014年9月。ものづくり施設が増え始めるなか、デジタルファブリケーションだけに特化するのではなく、アナログな工具も使える場所が欲しいという思いから元ITエンジニアの坂本誠さんが施設を立ち上げた。

浅草橋はアクセサリーや革製品など服飾関係の問屋が多く、さまざまな材料がそろう場所。秋葉原へも一駅でつながる好立地だ。

運営会社であるベラの代表である坂本誠さんは、秋葉原に住んでいる元ITエンジニア。 運営会社であるベラの代表である坂本誠さんは、秋葉原に住んでいる元ITエンジニア。

「もともとは工作する場所に困っている人に使ってもらうつもりでしたが、ものづくりに興味はあるが何をすればいいか分からないという方が多く、ワークショップが運営の中心になっていきました」(ベラ代表取締役の坂本さん)

一番人気のレザークラフトのワークショップは、6~7人の定員があっという間に埋まってしまうという。入門から製造まで幅広く扱う電子工作のワークショップには、かなり気合いの入った男性が集まるそうだ。

浅草橋工房はデジタル機器を備えたワークショップスペースである1階と、本格的な機材を取りそろえた地下室の2フロアで構成されている。秘密基地のような雰囲気の地下室には、木材やレザーの加工はもちろん金属の溶接のための設備もあり、できることの範囲がかなり広い。

「会員として工房を利用するのは近所に住んでいる方が多いですね。ふらっといらっしゃって制作の相談を受けることもあります。中には、食器やけん玉などを作ってそのまま販売している、ほとんどプロのような方もいるんです」

工房にある機材で作られた金属製フレームのテーブル。 工房にある機材で作られた金属製フレームのテーブル。

およそ300種類にも上るという充実した工具とワークショップが魅力の浅草橋工房。今後の展望を坂本さんに聞いてみた。

「リピーターの方も多く、作るノウハウがたまってきたので、そろそろ自作の電子回路を用いたデバイスなどのオリジナル製品を出していきたいです。また、工房自体も拡大する予定なのですが、ガラスや陶芸、大きなスケールのものなども扱えるようにして、今まで以上に『作りたい人が集まれる場所』にしたいと考えています」

概要

所在地 東京都台東区浅草橋1-34-3 宏和浅草橋ビル1F
営業時間 平日13:00~22:00、土日祝日10:00~20:00
定休日 木曜
URL http://www.craft-studios.com/
料金

工具、文房具、PC周辺機器使い放題コース
全日プラン 2万1600円/月
スポット利用1日 4320円/日
スポット利用3時間 3240円/3時間
全てのプランで入会金、1万800円(スポット利用は1080円)が必要。その他、利用可能時間に応じた各プランあり。

 

機材

レーザーカッター:「RSD-SUNMAX-LT5030」 レーザーカッター:「RSD-SUNMAX-LT5030」
3Dプリンタ:「UP! Plus2」 3Dプリンタ:「UP! Plus2」
CNCフライス盤 CNCフライス盤

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る