新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Julie Wataiと電子工作チャレンジ!

至高のウェアラブルデバイス「あのスカウター」をLEDとArduinoで作ってみた

組み立てる段取りを、今回の企画をサポートしてくれる有吉さん(左)と上西さん(中)と確認。有吉さんはデザインを専攻する大学院生、上西さんはプログラマーとして製品開発に携わるエンジニア。黒いメガネがかぶっているところも含めて頼もしさしかないコンビだ。

まずは今回使用するLEDマトリックス基板をI2C通信で動作させるためのはんだ付けから開始。 

ものの数分であっさりはんだづけは完了。「これぐらいシンプルであれば、はんだづけ初心者でも簡単にできると思います」(Julieさん)

次に、先ほどカットしたアクリル板にアイロンを当てて曲げる。 

失敗したらレーザーカットからやりなおしなので、Julieさんも真剣な表情に。

というのも、アクリル板をアイロンで曲げる時は少しずつ曲げていくのがポイントで、あまり強い力をかけ過ぎると割れてしまう恐れがあり、かといって力が弱すぎてはまったく曲がらない。非常にデリケートな作業なのだ。

今回は実施していないが、事前に同じ厚みのアクリル板で試してから挑戦することをおすすめしたい。 

アイロンを慎重に押し当てて……

布をアクリル板に当ててグイっと曲げる。

うーん、もうちょい曲げたほうがいいかな。

アイロンの先の部分をアクリル板の曲げたいところに当てて曲げる作業を繰り返していく。熱で柔らかくなっているので女子の力でもできる工程だ。

熱しては曲げを繰り返し、90度に曲がるようにする。力加減が難しいが、ここでの出来はスカウターの装着感にも影響が出るので、何度も細かく調整する。地味な作業だが、納得いくまで続けるJulieさんにアーティストとしてのこだわりを感じる。

曲げ加工完了! ばっちりアクリル板が左目を覆っている。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る