新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Julie Wataiと電子工作チャレンジ!

至高のウェアラブルデバイス「あのスカウター」をLEDとArduinoで作ってみた

こちらが装着してみたところ。側面からみるとArduinoがむき出しだが近未来SFっぽさもあり、なかなかかっこいい。

欲しいものは自分で作ってみる

前回のくまカメラに続き、今回もユニークな作品ができた。次回も「欲しいものは自分で作るスピリット」でJulieさんらしいモノを作る予定なので、ご期待ください!

ジュリさんからのコメント

組み立ててみて部品のはんだづけの部分は今回とても分かりやすかったです。
スカウターってある意味「ロマン」を感じさせるものだと思うんです。
アニメなどで見て、ちょっと付けてみたいって思った事がある人も居るはず!
これからのシーズン、忘年会やクラブイベントなどで付けてみても注目を集められると思います。
ぜひ皆さんも作ってみて下さい。

今回使用した主な素材

企画・制作:合同会社メタクラフト有吉学 開発:上西 巧馬
撮影協力:Fabcafe Tokyo

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る