新しいものづくりがわかるメディア

RSS


頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

モブキャラを脱するために、魔法陣デバイスを作った

私は魔法が使えると思っています。こういうのは中学生のときに一通り妄想をして、高校卒業あたりに完全に消滅する考えかと思いますが、私は23歳になった今でも、すげえ頑張れば魔法が使えると思っています。

でも、一向に魔法が使えません。物を召喚してみたいのですが、手に力を入れても魔法陣は浮き出てきません。
私は“選ばれし者”ではないのか……。この世界が能力系アニメだったら、私はモブキャラか……。
一生懸命生きているのに、そんなのあんまりだ!

なので、いっそのこと、召喚した気分になれるデバイスを作ろうと思いました。

レーザーカッターとUVプリンターを使って魔法陣を作ろう

まず一番重要な「魔法陣」部分から作ろうと思います。レーザーカッターとUVプリンターを使って作りたいと思ったので、DMM.make AKIBAという高い機材がめちゃくちゃある施設を使用しました。

レーザーカッターを使って、Illustratorで制作したデータを基にアクリル板を切り抜きます。

レーザーカッターを使うのは2回目なので、「お手のもんだぜ」という気持ちで挑んだのですが、スイッチがどこにあるのか分からなくて、涙が出ました。

スイッチの場所をスタッフさんに教えてもらい、無事に切り抜くことができました。

そして、UVプリンターで魔法陣のイラストを印刷していきます。こちらもIllustratorのデータから簡単にプリントできるのです。なんて便利な世の中なんだ。ちなみに、UVプリンターのスイッチは分かりやすい位置にありました。

あっという間に魔法陣が完成。

サーボモーターとArduinoを使って召喚の仕組みを作ろう

せっかくの魔法陣。何かを召喚したいですよね。召喚を科学的に起こそうと調べてみたのですが、分子レベルの話になってきたので頓挫しました。せめて、召喚している気持ちになれる仕組みを作りたいと思います。

使うのは、サーボモーターとArduino。Arduinoでサーボモーターの角度を制御して、先ほどレーザーカッターで切り出したパーツを組み合わせて、直線運動ができるようにしました。これを完成させたときは、自分は天才だなと思いました。

光ったら“召喚感”が出るなと思い、LEDテープを付けました。召喚感って何なんだろう。

LEDテープとサーボモーターをArduinoに勘でつなげ、スケッチを書き込んだら完成です。

完成!

スケッチを勘で書いたため、何回もエラーが出てしまいましたが、そのエラーを勘で対処しつつ「なんでも召喚できるデバイス」が完成しました。早速使ってみます。

「魔王サタンよ、我に力を……」

ギギギギ……。

すぐにどっか行ってしまうリップクリームを召喚してみました。魔法陣の上にあると、なんでも厳かに感じられます。

いろいろな物を召喚しよう

手に載せると、さらにそれっぽさが。

「汝、魔界へ堕ちろ……」

リップクリームを魔界に送ることもできます。すごいですね。






「————我は魔王の僕。魔界より来たりて力を————」

ギギギギ……。

15円です。

お会計の時に、これで支払いをしたらかっこいいかもしれませんし、失笑されるかもしれません。






「汝、闇を旅する者————」

ギギギ……。

魔界に住む者を召喚してみたかったのですが、それっぽい物が無かったので、知人に頂いたゾンビのフィギュアを乗せました。こんなところで役に立つとは……。召喚の際に、カッコいい呪文を唱えたいのですが、「汝」「闇」「魔」以外の言葉が出てきません。私って意外に呪文のボキャブラリーが少ないんだなという発見になりました。






「魔王と契約せし“印”闇から這い上がれ————」

「契約で必要だから持って来てね!」と言われたときに限って忘れてしまう印鑑も召喚してみました。

おわりに

これで、魔界から魔王が来て、日本に住んでいる“能力者”たちと戦いが始まっても、なんとなく応戦することができます。皆さんも魔法陣を作って、モブキャラから脱してみませんか?

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  2. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  7. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る