新しいものづくりがわかるメディア

RSS


頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

モブキャラを脱するために、魔法陣デバイスを作った

私は魔法が使えると思っています。こういうのは中学生のときに一通り妄想をして、高校卒業あたりに完全に消滅する考えかと思いますが、私は23歳になった今でも、すげえ頑張れば魔法が使えると思っています。

でも、一向に魔法が使えません。物を召喚してみたいのですが、手に力を入れても魔法陣は浮き出てきません。
私は“選ばれし者”ではないのか……。この世界が能力系アニメだったら、私はモブキャラか……。
一生懸命生きているのに、そんなのあんまりだ!

なので、いっそのこと、召喚した気分になれるデバイスを作ろうと思いました。

レーザーカッターとUVプリンターを使って魔法陣を作ろう

まず一番重要な「魔法陣」部分から作ろうと思います。レーザーカッターとUVプリンターを使って作りたいと思ったので、DMM.make AKIBAという高い機材がめちゃくちゃある施設を使用しました。

レーザーカッターを使って、Illustratorで制作したデータを基にアクリル板を切り抜きます。

レーザーカッターを使うのは2回目なので、「お手のもんだぜ」という気持ちで挑んだのですが、スイッチがどこにあるのか分からなくて、涙が出ました。

スイッチの場所をスタッフさんに教えてもらい、無事に切り抜くことができました。

そして、UVプリンターで魔法陣のイラストを印刷していきます。こちらもIllustratorのデータから簡単にプリントできるのです。なんて便利な世の中なんだ。ちなみに、UVプリンターのスイッチは分かりやすい位置にありました。

あっという間に魔法陣が完成。

サーボモーターとArduinoを使って召喚の仕組みを作ろう

せっかくの魔法陣。何かを召喚したいですよね。召喚を科学的に起こそうと調べてみたのですが、分子レベルの話になってきたので頓挫しました。せめて、召喚している気持ちになれる仕組みを作りたいと思います。

使うのは、サーボモーターとArduino。Arduinoでサーボモーターの角度を制御して、先ほどレーザーカッターで切り出したパーツを組み合わせて、直線運動ができるようにしました。これを完成させたときは、自分は天才だなと思いました。

光ったら“召喚感”が出るなと思い、LEDテープを付けました。召喚感って何なんだろう。

LEDテープとサーボモーターをArduinoに勘でつなげ、スケッチを書き込んだら完成です。

完成!

スケッチを勘で書いたため、何回もエラーが出てしまいましたが、そのエラーを勘で対処しつつ「なんでも召喚できるデバイス」が完成しました。早速使ってみます。

「魔王サタンよ、我に力を……」

ギギギギ……。

すぐにどっか行ってしまうリップクリームを召喚してみました。魔法陣の上にあると、なんでも厳かに感じられます。

いろいろな物を召喚しよう

手に載せると、さらにそれっぽさが。

「汝、魔界へ堕ちろ……」

リップクリームを魔界に送ることもできます。すごいですね。






「————我は魔王の僕。魔界より来たりて力を————」

ギギギギ……。

15円です。

お会計の時に、これで支払いをしたらかっこいいかもしれませんし、失笑されるかもしれません。






「汝、闇を旅する者————」

ギギギ……。

魔界に住む者を召喚してみたかったのですが、それっぽい物が無かったので、知人に頂いたゾンビのフィギュアを乗せました。こんなところで役に立つとは……。召喚の際に、カッコいい呪文を唱えたいのですが、「汝」「闇」「魔」以外の言葉が出てきません。私って意外に呪文のボキャブラリーが少ないんだなという発見になりました。






「魔王と契約せし“印”闇から這い上がれ————」

「契約で必要だから持って来てね!」と言われたときに限って忘れてしまう印鑑も召喚してみました。

おわりに

これで、魔界から魔王が来て、日本に住んでいる“能力者”たちと戦いが始まっても、なんとなく応戦することができます。皆さんも魔法陣を作って、モブキャラから脱してみませんか?

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る