新しいものづくりがわかるメディア

RSS


頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

落ちている小銭をスマートに拾える靴を作った

人通りが多い道を歩いていると、小銭が落ちているときが、まれにある。お金がない自分としては、拾いたいという気持ちが芽生える。が、拾ったことはない。それは、たとえ少額でも遺失物横領になるから犯罪だという正義感が2割、拾っているところを誰かに見られたらドン引きされるという羞恥心が800000割だ。

では、誰にも見られずに小銭を拾えるマシンがあったらどうだろうか。しかも、スタイリッシュに小銭を拾えることができたら、あわよくばモテるかもしれない。小銭を拾って、モテることもできる。これは、史上最大の発明かもしれない。そう思い、これを制作した。

スマートに小銭を拾えることのできる靴

おしゃれなハイヒールを改造した。パッと見は、とてもおしゃれだ。うん、すごくおしゃれだ。ビームスに売っていても違和感がない。

会議室で履いてみたら、デキる女のように見える。

では、どのように小銭が拾えるのか、デモをお見せしたい。

イケてる女の足元に小銭が落ちている。

小銭の上にかざすと、靴に付いている基板が光った。

もう片方の靴のヒール部分を小銭の上に合わせている。

ラグジュアリーに、モダンアート作品のようなものを取り出した。

あれ!? 小銭がなくなった!

誰もいないところまで歩いて、小銭をそっと手に入れよう。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る