新しいものづくりがわかるメディア

RSS


頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

落ちている小銭をスマートに拾える靴を作った

人通りが多い道を歩いていると、小銭が落ちているときが、まれにある。お金がない自分としては、拾いたいという気持ちが芽生える。が、拾ったことはない。それは、たとえ少額でも遺失物横領になるから犯罪だという正義感が2割、拾っているところを誰かに見られたらドン引きされるという羞恥心が800000割だ。

では、誰にも見られずに小銭を拾えるマシンがあったらどうだろうか。しかも、スタイリッシュに小銭を拾えることができたら、あわよくばモテるかもしれない。小銭を拾って、モテることもできる。これは、史上最大の発明かもしれない。そう思い、これを制作した。

スマートに小銭を拾えることのできる靴

おしゃれなハイヒールを改造した。パッと見は、とてもおしゃれだ。うん、すごくおしゃれだ。ビームスに売っていても違和感がない。

会議室で履いてみたら、デキる女のように見える。

では、どのように小銭が拾えるのか、デモをお見せしたい。

イケてる女の足元に小銭が落ちている。

小銭の上にかざすと、靴に付いている基板が光った。

もう片方の靴のヒール部分を小銭の上に合わせている。

ラグジュアリーに、モダンアート作品のようなものを取り出した。

あれ!? 小銭がなくなった!

誰もいないところまで歩いて、小銭をそっと手に入れよう。

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る