新しいものづくりがわかるメディア

RSS


頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

落ちている小銭をスマートに拾える靴を作った

人通りが多い道を歩いていると、小銭が落ちているときが、まれにある。お金がない自分としては、拾いたいという気持ちが芽生える。が、拾ったことはない。それは、たとえ少額でも遺失物横領になるから犯罪だという正義感が2割、拾っているところを誰かに見られたらドン引きされるという羞恥心が800000割だ。

では、誰にも見られずに小銭を拾えるマシンがあったらどうだろうか。しかも、スタイリッシュに小銭を拾えることができたら、あわよくばモテるかもしれない。小銭を拾って、モテることもできる。これは、史上最大の発明かもしれない。そう思い、これを制作した。

スマートに小銭を拾えることのできる靴

おしゃれなハイヒールを改造した。パッと見は、とてもおしゃれだ。うん、すごくおしゃれだ。ビームスに売っていても違和感がない。

会議室で履いてみたら、デキる女のように見える。

では、どのように小銭が拾えるのか、デモをお見せしたい。

イケてる女の足元に小銭が落ちている。

小銭の上にかざすと、靴に付いている基板が光った。

もう片方の靴のヒール部分を小銭の上に合わせている。

ラグジュアリーに、モダンアート作品のようなものを取り出した。

あれ!? 小銭がなくなった!

誰もいないところまで歩いて、小銭をそっと手に入れよう。

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る