新しいものづくりがわかるメディア

RSS


かんたん3Dモデリング~Fusion 360はじめの一歩

【第10回】CADの世界を飛び越える、Tスプラインモデリングの秘密

「誰かの3Dデータじゃなく、自分で3Dデータからものづくりしたい! でも3D CADは難しいというし……」と、ためらっていた方にぴったりの3D CAD入門。Autodeskの無料で使える高機能3D CAD「Fusion 360」を操り、3Dモデリングの“はじめの一歩”を踏み出そう。

執筆は、まったくの3Dモデリング初心者にFusion 360を使った3Dデータ作りセミナーを各地で開催し、「Fusion 360 操作ガイド ベーシック編」と「Fusion 360 操作ガイド アドバンス編」「Fuision 360 操作ガイド スーパーアドバンス編」の著者でもある、3Dワークス 最高技術責任者の三谷大暁さんだ。

こんにちは、三谷です。

第10回は、これまでと違い、有機的な形状を作る機能、「Tスプライン」をご紹介します。

今まで9回にわたってお伝えしてきたモデリングの極意ですが、これらは一般的な3DCADで、工業製品を作る際に一般的な作業フローです。一方、今回ご紹介するTスプラインという機能は3D CGソフトに近い機能でして、3D CADでは搭載されていることはほぼありません。

Tスプラインのモードに入るためには、[フォームを編集]という機能を使用します。このボタンを押すと、アイコンがすべて紫色になります。

今回の題材はコチラ。石鹸ホルダーです。押し出しなどでは作るのが難しそうな流線型が特徴です。

まずは作業フローを動画でご覧ください。

いかがだったでしょうか。今までとは少し感覚が違うモデリング方法だったと思います。幾つかのテクニックを使ってモデリングをしていますので、動画に出てきた順に解説していきます。

はじめに[作成] - [直方体]で基本的な形状を作成します。

直方体にしては丸みがあります。実はTスプラインというモードは、有機的な形を作るために、角ばった形状に「滑らか処理」がかかっている状態です。表示モードを変更することで、元のボックスを表示できます。これは、以下のショートカットでも切り替えられます。

Windows:Altキーと数字1、2、3
Mac:Optionと1、2、3

ボックス表示 ボックス表示
スムーズ表示 スムーズ表示

[修正] - [フォームを編集]という機能が、編集する機能です。他にもたくさんあるのですが、一番ベースとなる基本的な機能です。粘土をこねるようにして形を作るのですが、移動だけでなく、回転やスケール(拡大/縮小)もできます。

真ん中部分は、Altキー(MacはOptionキー)を押しながら矢印をドラッグするテクニックを使っています。Altキーを押しながら移動や回転やスケールをかけると、新たな面が作られます。取っ手の部分のように、にょきっと生やした形を作れます。

[フォームを終了]機能を使うと、通常のモデリング作業スペースに戻りますので、押し出しやフィレットで完成できます。

矢印を動かすだけでさまざまな形を作れるのですが、とても大事な注意点が1つあります。それは、「自己交差」という状態です。

このように、形状の一部が、自身の内側にめり込んだ状態を「自己交差」といいます。このような形は、現実の物質世界に存在しないため、エラーとなり3Dプリントなどもできなくなってしまいます。自己交差しないように気をつけながらモデリングしてください。

いかがでしたか? 小学生でもできる簡単操作で複雑な3Dモデルが作れます。いろいろなデザインにチャレンジしてみてください。

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る