新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MATHRAXインタビュー

絵筆をはんだごてに持ちかえたはんだ付けコンテストチャンピオン

はんだ付け技術の継承と電子工作の未来

こうして習得したはんだ付けの技術でチャンピオンになったのだが、そこから新たな活動も。コンテスト会場でたまたま居合わせた知り合いの編集者と話をすると、ちょうどはんだ付けの教科書のような本を作りたいと考えていたのでその執筆をぜひと、とんとん拍子で話が進んだ。

「今は工学系の学生でもはんだ付けの経験がない人が多いみたいです。でも、そういう技術や知識はどこかで伝えていかなくてはいけないと思うんです」

はんだごてが使えない学生が増える一方、電子工作のワークショップに参加してはんだごてを握る女性が増えてきているという。

「今まで興味なかった人が、基板の形やLEDの色がかわいいとか、そういう所から興味持ってくれたらいいなって。はんだそのものにも色が付いたりしたら、もっと面白いと思うんですけどね(笑)」 

と、ユニークな視点でものづくりを続ける久世さん。そのユニークな活動からは、当分は目を離せそうもない。

チャンピオンおすすめのはんだごて紹介

では最後に、チャンピオンおすすめのはんだごてを紹介していただこう。

JAPAN UNIX「CD-9BCK(50Wデジタルはんだごてキット)」

JAPAN UNIX「CD-9BCK(50Wデジタルはんだごてキット)」
立ち上がり時間2秒、デジタル表示による温度設定、こて先をワンタッチ交換可能、角度調整可能なこてスタンド、メタルウール&シリコンラバー製こて先クリーナー、スリープ/休止モード、パスワードロックなどの機能を搭載。久世さん曰く「はんだごて界のフェラーリ」。
http://www.unixjbc.jp/cd.html

HAKKO「FX-951」(3万9480円、税込)

HAKKO「FX-951」(3万9480円、税込)
スムーズにこて先交換ができるロックスリーブ式のこて、デジタル表示による温度設定、角度設定可能なこて台と連動したパワーセーブ機能、専用カードによるロック機能などの機能を搭載。こちらはさしずめ「はんだごて界のポルシェ」といったところ。
http://www.hakko.com/japan/products/hakko_fx951.html

Goot「PX-201」(5880円、税込)

Goot「PX-201」(5880円、税込)
手もとでこて先温度を設定可能、70Wセラミックヒーターで鉛フリーはんだにも対応、こて先が交換可能など、個人用としては十分な性能を備えた中級機。秋葉原の高架下の専門店で、店主のおじさんからのおすすめで購入した久世さんの長年の愛機。
http://www.goot.co.jp/detail.html?id=58

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る