新しいものづくりがわかるメディア

RSS


宇田道信インタビュー

理想の楽器を目指す——唯一無二のオリジナル楽器「ウダー」開発記

イメージを現実に。未経験の電子工作にチャレンジ

「最初は頭の中でいろいろ考えて、絵に書いたりもしました。そのうち、一本のロープをらせん状にするという形が浮かんできたんです」

電子工作は未経験だったという宇田さん。具体的なイメージが浮かんだところで、どうにかこれを現実にしたいと、さっそく秋葉原へ道具や部品を買いに行き、できあがったのがピラミッド状の十二角すいの土台に一般的なタクタイルスイッチがらせん状に配置された「らせん1号器」。そかしそこにはロープが見当たらない。 

手前左から 「らせん1号器」「らせん2号器」「らせん3号器」「対旋琴(ついせんきん)1号器」(1〜4号機)、奥左から「クロマチックウダー1号」「クロマチックウダー2号」「ウダー1号」「ウダー2号」「ウダー3.0(半分)」(10〜14号機)。現在最新の「ウダー4.5」は50号機となる。 手前左から 「らせん1号器」「らせん2号器」「らせん3号器」「対旋琴(ついせんきん)1号器」(1〜4号機)、奥左から「クロマチックウダー1号」「クロマチックウダー2号」「ウダー1号」「ウダー2号」「ウダー3.0(半分)」(10〜14号機)。現在最新の「ウダー4.5」は50号機となる。

「スイッチの表面にテープを巻いてました。でも結局じゃまですぐはがしました(笑)」

この段階では演奏法の考えもまとまっていなかった。筒を横倒しにして両手でつかむ形は「らせん3号器」で登場し、続く「対旋琴(ついせんきん)1号器」で音程変化が左右対称となった。そして10号機「クロマチックウダー1号」で設計上の転換を迎える。 

センサとマイコンによる飛躍

「単なるスイッチをやめて、ステンレス製のロープを電極とし、もう一方の電極との間に感圧導電ゴムを挟んで、圧力で音量に強弱をつけられるセンサ方式になりました。その制御にマイコンを使うようになり、プログラミングも覚えていきました」

センサとマイコンを初めて使用した「クロマチックウダー1号」。基板の設計や製作、マイコンのプログラミングは大学の先輩に教わりながら覚えていった。 センサとマイコンを初めて使用した「クロマチックウダー1号」。基板の設計や製作、マイコンのプログラミングは大学の先輩に教わりながら覚えていった。

しかし、この段階ではロープを指でなぞると滑らかに音程が変化するポルタメントは実装されていなかった。

「ポルタメントも最初から構想してたんですが、実現できる技術がなかったんです」

そして12号機ではセンサを5倍に増やして半音と半音の中間を検出できるようになり、ついにポルタメント演奏が可能となった。それまで友人がそう呼んでいた、という自らの名を元にした「ウダー(1号)」という楽器名も、当初企図した機能が実現されてついに正式に名乗るようになる。

この後も持ち手の構造、筐体の大きさや強度などさまざまな改良を重ね、最新の「ウダー4.5」までに制作した台数は50台を超えた。こうしてウダー本体は、現在ほぼ完成の域に達しつつある。 

「ウダー4.5」の構造を語る宇田さん。緑色の基板から無数に延びる金色の棒が、ロープ側の電極と対をなす電極の役目を果たす。基板との接続ははんだなどでの剛結はされていないため、さまざまな方向からの力が加わっても故障が起きない。 「ウダー4.5」の構造を語る宇田さん。緑色の基板から無数に延びる金色の棒が、ロープ側の電極と対をなす電極の役目を果たす。基板との接続ははんだなどでの剛結はされていないため、さまざまな方向からの力が加わっても故障が起きない。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. 自分の自転車を電動化できる——イギリス発「Universal eBike Conversion Kit」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  5. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  6. CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 掃除機より静かな飛行機——AirbusがeVTOL「CityAirbus NextGen」を公開
  9. ラズパイでナンプレを解く——Pi Zero Wで3Dプリンターを「Sudoku solving robot」に改造
  10. 電気不要で冷却——太陽光と水で作動する再生可能な冷却システムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る