新しいものづくりがわかるメディア

RSS


明和電機&タカハ機工インタビュー

地方メーカーが明和電機とコラボしてコンテストを始めたわけ

ソレノイドを開発、販売している福岡県飯塚市のタカハ機工が2013年から始めたコンテスト「ソレコン(タカハソレノイドコンテスト)」。第1回ソレコンから審査員長にものづくり系のアートユニット「明和電機」の土佐信道社長を起用し、大きさが50cm四方で同社のソレノイドを使っていれば何でもアリという変わったコンテストで、ジョーク系の作品から、楽器の自動演奏といった本気の作品までユニークな作品が集まった。fabcrossでは2015年2月に開催された公開審査を取材した。
ソレコンを始めたきっかけから明和電機との不思議なつながりまで、タカハ機工と土佐氏にお話を伺った。

ソレノイドとは、コイルに電流を流すと発生する磁力で鉄芯を直線運動させる電気部品だ。
主に自動ドアや自動車のロック、パチンコやスロット機、金庫や店舗で使われるレジのロック機構など、身近なものにも使用されている。

タカハ機工は1979年創業のソレノイド専業メーカーで、2013年に自社製品を使ったコンテスト「ソレコン」を始めた

司会はタカハ機工の若手女性社員 司会はタカハ機工の若手女性社員

取材に訪れたのは第2回ソレコンの公開審査会。事前にYouTubeに投稿した動画を1つずつ再生して審査する。

プロジェクタで投影された投稿動画をひとつひとつ見ながら審査は進む。 プロジェクタで投影された投稿動画をひとつひとつ見ながら審査は進む。

今回は高専生や大学生から社会人や電子工作の上級者まで、ソレノイドを使ったユニークな24作品の応募があった(応募作品一覧はこちら)。fabcrossでもおなじみの漫画家、見ル野栄司さんも特別参加して審査会は大いに盛り上がった。

自腹で飯塚まで来たという見ル野さん。見ル野さんのエントリー作品はこちら。 自腹で飯塚まで来たという見ル野さん。見ル野さんのエントリー作品はこちら

厳正な審査を経てソレコン大賞を受賞したのは地元九州工業大学の学生、河島晋さんと酒井文也さんが制作した全自動論文保存機「論文まもるくん」。事前に投稿したニコニコ動画で話題となり、ニュースにもなったこともあって、ソレコンでも堂々の大賞に輝いた。

ソレコン大賞を受賞した河島さんと酒井さんには、賞状と副賞の賞金10万円とタカハ機工のオンラインストアで利用できるギフト券5万円分が贈呈された。二人は地元九州工業大学の学生ということもあり、当日の公開審査会場にたまたま見学に来ての受賞だった。 ソレコン大賞を受賞した河島さんと酒井さんには、賞状と副賞の賞金10万円とタカハ機工のオンラインストアで利用できるギフト券5万円分が贈呈された。二人は地元九州工業大学の学生ということもあり、当日の公開審査会場にたまたま見学に来ての受賞だった。

こうして第2回ソレコンは無事終了。審査を終えた土佐さんとタカハ機工社長の大久保泰輔さん、ソレコンを企画した大久保千穂さんにお話を伺った。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る