新しいものづくりがわかるメディア

RSS


明和電機&タカハ機工インタビュー

地方メーカーが明和電機とコラボしてコンテストを始めたわけ

ソレノイドを開発、販売している福岡県飯塚市のタカハ機工が2013年から始めたコンテスト「ソレコン(タカハソレノイドコンテスト)」。第1回ソレコンから審査員長にものづくり系のアートユニット「明和電機」の土佐信道社長を起用し、大きさが50cm四方で同社のソレノイドを使っていれば何でもアリという変わったコンテストで、ジョーク系の作品から、楽器の自動演奏といった本気の作品までユニークな作品が集まった。fabcrossでは2015年2月に開催された公開審査を取材した。
ソレコンを始めたきっかけから明和電機との不思議なつながりまで、タカハ機工と土佐氏にお話を伺った。

ソレノイドとは、コイルに電流を流すと発生する磁力で鉄芯を直線運動させる電気部品だ。
主に自動ドアや自動車のロック、パチンコやスロット機、金庫や店舗で使われるレジのロック機構など、身近なものにも使用されている。

タカハ機工は1979年創業のソレノイド専業メーカーで、2013年に自社製品を使ったコンテスト「ソレコン」を始めた

司会はタカハ機工の若手女性社員 司会はタカハ機工の若手女性社員

取材に訪れたのは第2回ソレコンの公開審査会。事前にYouTubeに投稿した動画を1つずつ再生して審査する。

プロジェクタで投影された投稿動画をひとつひとつ見ながら審査は進む。 プロジェクタで投影された投稿動画をひとつひとつ見ながら審査は進む。

今回は高専生や大学生から社会人や電子工作の上級者まで、ソレノイドを使ったユニークな24作品の応募があった(応募作品一覧はこちら)。fabcrossでもおなじみの漫画家、見ル野栄司さんも特別参加して審査会は大いに盛り上がった。

自腹で飯塚まで来たという見ル野さん。見ル野さんのエントリー作品はこちら。 自腹で飯塚まで来たという見ル野さん。見ル野さんのエントリー作品はこちら

厳正な審査を経てソレコン大賞を受賞したのは地元九州工業大学の学生、河島晋さんと酒井文也さんが制作した全自動論文保存機「論文まもるくん」。事前に投稿したニコニコ動画で話題となり、ニュースにもなったこともあって、ソレコンでも堂々の大賞に輝いた。

ソレコン大賞を受賞した河島さんと酒井さんには、賞状と副賞の賞金10万円とタカハ機工のオンラインストアで利用できるギフト券5万円分が贈呈された。二人は地元九州工業大学の学生ということもあり、当日の公開審査会場にたまたま見学に来ての受賞だった。 ソレコン大賞を受賞した河島さんと酒井さんには、賞状と副賞の賞金10万円とタカハ機工のオンラインストアで利用できるギフト券5万円分が贈呈された。二人は地元九州工業大学の学生ということもあり、当日の公開審査会場にたまたま見学に来ての受賞だった。

こうして第2回ソレコンは無事終了。審査を終えた土佐さんとタカハ機工社長の大久保泰輔さん、ソレコンを企画した大久保千穂さんにお話を伺った。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る