新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:起業の記事一覧

サムスン、インキュベーションプログラム「C-Lab」のベンチャープロジェクトをCES2021に出展 #CES2021

サムスン、インキュベーションプログラム「C-Lab」のベンチャープロジェクトをCES2021に出展 #CES2021

韓国サムスン電子は、社内ベンチャー創出プログラム「C-Lab Inside」による4つのプロジェクトをラスベガスで開催された国際見本市「CES2021」に出展した。また、同社の社外ベンチャー支援プログラム「C-Lab Outside」で出資している社外スタートアップ17社もCES2021に参加した。

ニュース | 2021/01/15 11:00

インターステラテクノロジズ、北海道大樹町に本社、工場を建設——観測ロケットの量産化に向けて

インターステラテクノロジズ、北海道大樹町に本社、工場を建設——観測ロケットの量産化に向けて

インターステラテクノロジズは、観測ロケット「MOMO」の量産化と超小型衛星打上げロケット「ZERO」の組立、製造に向けて 、北海道大樹町に工場機能、ペイロード室、組立エリア、溶接エリアなどを備えた本社および工場を新たに建設した。

ニュース | 2020/12/22 09:00

mui Labインタビュー

大量生産してばらまく情報デバイスは終わりにしよう——「mui Lab」が目指す新しい人とテクノロジーのあり方

大量生産してばらまく情報デバイスは終わりにしよう——「mui Lab」が目指す新しい人とテクノロジーのあり方

「mui Lab」(ムイラボ)は、さまざまな面でユニークなスタートアップだ。
京都の老舗電子部品メーカーであるNISSHAの社内ベンチャーとして2017年に誕生。2018年に最初のプロダクトとなるスマートディスプレイ「mui」を発表した。

シンプルな木板に文字や絵が浮き上がるように表示されるシンプルなインターフェースは有りそうで無かったプロダクトだ。発表後にKick…

インタビュー | 2020/11/19 07:30

製造業をオープンソースで自動化——工場の変革を目指す京都発AIスタートアップ「RUTILEA」

製造業をオープンソースで自動化——工場の変革を目指す京都発AIスタートアップ「RUTILEA」

工場の自動化をオープンソースのソフトウェアで実現しようとするスタートアップが京都にある。矢野貴文氏が率いるRUTILEA(ルティリア)が開発する「SDTest」はAI/ディープラーニングを活用し、工場の自動化を支援するソフトウェアで、カメラを使った外観検査やロボットアームを使ったピッキングなどの機能を提供。2019年9月の公開から半年で500社がダウンロードしている。

SDT…

インタビュー | 2020/11/02 07:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  7. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  8. 自分に似合う髪型をAIが提案——「AI Stylist」にシミュレーション機能追加
  9. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る