新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiをノートPCに変える「Pi-Top」、新バージョンはより薄く

2014年10月にIndiegogoに登場し話題を呼んだRaspberry Piノートパソコンプロジェクト「Pi-Top」に、「Version 3」が発表された。前バージョンでは射出成形していたボディパーツを3Dプリンタで製作するように変更し、30%薄くなったという。

Pi-TopはRaspberry Piに筐体や液晶ディスプレイパネル、キーボード、バッテリなどを組み合わせて、自分で組み立てるノートパソコンのキットだ。ハードウェアに関する初心者でも簡単にPCを作り、その仕組みを学べるようになっている。組立てにかかる時間はほんの半日ほどで、はんだ付けの必要もない。約3万円(Raspberry Piは別途必要)という手頃な価格でノートパソコンが自作できるとIndiegogoで人気を呼び、最終的に17万ドル(約2000万円)以上を集めた。資金調達時に、5月の送付までに3Dプリンタで作る薄型ボディバーツを完成させるとしていたが、それがVersion 3ということのようだ。

ボディパーツのSTLファイルなども含め、オープンソースへと変更されたので、単にPCを組み立てるだけでなく、すみずみまで理解したり、自由にカスタマイズすることもできるようになった。なお、Indiegogoでの資金募集時には「Raspberry Pi Model B+」を利用していたが、「Raspberry Pi2 ModelB」発表に伴い、Pi2もサポートされた。現在、Webサイトで事前予約可能になっており、Raspberry Piを含まないキットで264.99ドル(約3万1000円)、Raspberry Pi2 Model Bとセットで299.99ドル(約3万5000円)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る