新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子どもが楽しくプログラミングを学べる低価格ロボットキット「mBot」

fabcrossで紹介した、絵や文字、幾何学模様を自動で描くロボットキット「mDrawBot」を開発したMakeblockが、Kickstarterで新たなプロジェクトを開始した。「mBot」はArduinoをベースに、2つの車輪を持つ車型ロボットのキットで、子どもたちが楽しくプログラミングを学べるように作られている。価格は49ドル(約5900円)。製造工場からボリュームディスカウントを受けて割安な値段で提供するために、広く出資を募ることにしたという。

Bluetoothまたは2.4GHz帯電波を使ったシリアル通信いずれかのワイヤレスモードをサポートしており、スマートフォンやタブレットから操作可能(2.4 GHz帯シリアル通信は集団授業での使用を想定したもの)。モーター2個、ブザー、赤外線受発信機、超音波センサ/光センサを搭載。プログラミングには、Scratch 2.0をベースにMakeblockがmBot用に独自に開発したブロック形プログラミング言語「mBlock」を使用。小さな子供でも直感的に操作が可能だ。

mBotは5月17日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点では、目標額の2万ドル(約241万円)を大きく超え、5万ドル(約600万円)以上を集めている。記事執筆時点では、49ドル(約5900円)でBluetooth対応のmBotのキットを1組入手できる(ボディカラーはブルーまたはピンクのどちらかを選べる)。日本への発送も可能で、納期は2015年の6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. お座りや伏せができる——リアルな犬のアクションフィギュア「スタイリッシュ ワンワン」
  3. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  4. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  5. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. KiCad 5.1攻略本が付属——CQ出版、「トランジスタ技術2019年8月号」発刊へ
  8. LED線光線で高精細スキャンニング——ジュエリー用3Dスキャナー「D3D-s」
  9. 「企業内メイカースペースは、社内外の垣根を越え、つながりを作る」Microsoft、Googleの取り組み
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る