新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子どもが楽しくプログラミングを学べる低価格ロボットキット「mBot」

fabcrossで紹介した、絵や文字、幾何学模様を自動で描くロボットキット「mDrawBot」を開発したMakeblockが、Kickstarterで新たなプロジェクトを開始した。「mBot」はArduinoをベースに、2つの車輪を持つ車型ロボットのキットで、子どもたちが楽しくプログラミングを学べるように作られている。価格は49ドル(約5900円)。製造工場からボリュームディスカウントを受けて割安な値段で提供するために、広く出資を募ることにしたという。

Bluetoothまたは2.4GHz帯電波を使ったシリアル通信いずれかのワイヤレスモードをサポートしており、スマートフォンやタブレットから操作可能(2.4 GHz帯シリアル通信は集団授業での使用を想定したもの)。モーター2個、ブザー、赤外線受発信機、超音波センサ/光センサを搭載。プログラミングには、Scratch 2.0をベースにMakeblockがmBot用に独自に開発したブロック形プログラミング言語「mBlock」を使用。小さな子供でも直感的に操作が可能だ。

mBotは5月17日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点では、目標額の2万ドル(約241万円)を大きく超え、5万ドル(約600万円)以上を集めている。記事執筆時点では、49ドル(約5900円)でBluetooth対応のmBotのキットを1組入手できる(ボディカラーはブルーまたはピンクのどちらかを選べる)。日本への発送も可能で、納期は2015年の6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る