新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カブク、3Dプリントに漆塗りした漆器シリーズ「urushi」を受注販売

カブクはStudio仕組と共同で、3Dプリントした器に日本伝統の漆塗りをした漆器ブランド「urushi」を、カブクが運営する3Dプリント製品のマーケットプレイスRinkakにおいて受注販売する。

urushiは、Rinkakのクリエイター3組(西村拓紀氏、秋山かおり氏、パラボラ)のデザインと、漆職人の深澤勇人氏による伝統的な漆塗りを合わせた。西村拓紀氏の酒器セット「撥漆」、秋山かおり氏の椀や花器「霧漆」、デザインラボのパラボラによる「漆影」の3シリーズを販売する。価格は作品により異なるが、1点当たりおよそ10万~30万円。

「撥漆」 「撥漆」
「霧漆」 「霧漆」
「漆影」 「漆影」

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る