新しいものづくりがわかるメディア

RSS


exiii、筋電義手次世代モデル「HACKberry」をオープンソース化

fabcrossでも何度か紹介した、低価格で使いやすくスタイリッシュなデザインの筋電義手を開発しているexiiiは、現行モデル「handiii」に続く次世代モデル「HACKberry」の全デザインファイルとソースコードをオープンソース化した。より多くの人々にHACKberryの開発に参加してもらい、製品としての完成度を高めることが目的だという。

「handiii」(左)と「HACKberry」(右)。 「handiii」(左)と「HACKberry」(右)。

Githubで公開されたデータは3Dパーツのデザインファイルと、電子回路基板のデータ、制御用に使われているArduino用スケッチのソースコードで、誰でも閲覧したりダウンロードしたりできる。これらファイルをもとに外装やパーツを3D プリンタで出力したり、ソースコードに手を加えたりして、自分の手で義手を作ることも可能だ。ただし、ダウンロードしたデータを利用してHACKberryの改良等をした場合、その内容をHACKberryのコミュニティに報告する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る