新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アフレル、東工大レゴ同好会が作ったレゴマインドストームEV3のプログラミング教材を発売

アフレルは、東工大レゴ同好会が作成した「レゴマインドストームEV3」の小中学生向けプログラミング教材「色で奏でる♪メロディーロボワークブック」を9月30日に発売する。全国の大学と共同でレゴマインドストームEV3を使った家庭用学習教材を開発する「デスクロボ×大学コラボ企画」の第3弾製品。

メロディーロボワークブックは、オルゴールの仕組みを再現したロボット。カラーセンサを使って色ごとに設定された音を鳴らせるので、色を使って好きな曲を演奏できるほか、手を近づけるとふたが開いて演奏を始めたり、音量を変えたりできるなどカスタマイズできる部分が多くあるという。

ベルトに付けられたカラーブロックの色をセンサで読み取って色ごとの音を出す。 ベルトに付けられたカラーブロックの色をセンサで読み取って色ごとの音を出す。

開発した東京工業大学の東工大レゴ同好会は、2013年に設立されたレゴブロックの遊び方を追究している同好会。大学のサークルや企業との交流があり、レゴブロックやマインドストームを使ったワークショップを多く手がけているという。

メロディーロボワークブックの価格は1000円(税別)。ただし、教育版レゴマインドストームEV3基本セットを含むEV3デスクロボシリーズの購入が前提となる。9月30日から10月31日までキャンペーンとして、EV3デスクロボシリーズの購入者にはメロディーロボワークブックをプレゼントする。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る