新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SSD、Wi-Fi、RTC、USBハブなどの機能搭載。Raspberry Pi 2向け多機能シールド「CSB502SSD」

SSD、Wi-Fi、RTC w/バッテリ、拡張用USBポートなどを搭載したRaspberry Pi 2向けの多機能シールド「CSB502SSD」がKickstarterに登場した。目標額は1万5000ドル(約185万円)で、12月2日時点で1万1000ドル(約135万円)以上が集まっている。

CSB502SSDは組み込み、データストレージ、医療、産業などでの利用を想定して開発されたRaspberry Pi 2向けのI/Oシールド。mSATA接続のSSDに最大1TBまで対応し、SSDの下部には温度センサを取り付けてSSDの状態を監視する。802.11b/g/nに対応するSoft-APサポートのWi-Fi機能も装備。USBポートは4基で、そのうち2基はSSDとWi-Fi用となり、拡張用に使えるUSBポートは2基。RTC(リアルタイムクロック)用のチップも搭載し、時刻アラームをプログラム設定することも可能になっている。

CSB502SSDの価格は59ドル(約7300円)。早期申込で49ドル(約6000円)まで割引になる。これから申し込む場合、出荷は2016年2月以降。送料18ドル(約2200円)が必要になるが、日本への出荷にも対応している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る