新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジファブアワード「YouFab 2015」、グランプリは3Dプリンタ製ワンピース

デジタルファブリケーション領域の優れた挑戦を表彰するグローバルクリエイティブアワード「YouFab Global Creative Awards 2015」の受賞作品が決定した。

YouFab Global Creative Awardsは、デジタルファブリケーション領域の価値向上と活性化をクリエイティブという側面から支援しようと創設されたアワード。グローバルな枠組みで推進しており、主催はFabCafeグローバル。今回が4回目の開催となる。

26カ国から152作品が集まり、受賞はグランプリ、準グランプリが各1作品、ファイナリストが23作品となった。

グランプリは、米国のデザインスタジオnervous systemが作成した3Dプリンタにより作成したワンピース「Kinematics Dress」だ。

photo

このワンピースは、何千ものパーツがちょうつがいによってつながれた状態でプリントされており、人が組み立てる必要がない。また、着る人によってドレープや柔軟性、パターンなどを変化させることができるという。

photo

「デザイン、シミュレーション、デジタルファブリケーションを組み合わせることで、複雑でカスタマイズ可能なものを作る、という新しいものづくりの形を示している」点が評価された。

準グランプリは、チリのDiego Pinochet氏による「Making Gestures: A personal Design and Fabrication system」となった。

photo
photo

ユーザ1人1人に対応できるよう、学習アルゴリズムを使って制御される5軸CNCマシンだ。ジェスチャーを使用し、感覚や身体とデザインツールのリアルタイムでのインタラクションを可能にする。ユーザーの動きに合わせたリアルタイムでのデザインや製作ができる。

国内からは、宮田明日鹿氏のパソコンで制御可能な家庭用編み機を使った参加型コミュニケーションアート作品「町を編む」がファイナリストに入り、審査員特別賞を受賞した。

photo

他にもMESHプロジェクトの消しゴムサイズの電子タグを組み合わせることで、ノンプログラミングでIoTデバイスを作成することができる「MESH : スマート DIY プラットフォーム」などがファイナリストに残り、審査員特別賞を受賞している。

photo

受賞作品は、2016年1月23日~2月8日までの間、東京渋谷のFabCafe Tokyoで展示される。また、1月22日には授賞式と展示会オープニングレセプションが同所で開催される。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る