新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界3Dプリンタ市場は2019年に267億ドル規模へ拡大——IDC予測

米調査会社IDCが、世界の3Dプリンタ市場は年平均27%で成長し、2019年に267億ドル(約3兆1500億円)規模へ拡大するとの予測を発表した。2015年の市場規模はおよそ110億ドル(約1兆3000億円)のため、4年で約2.4倍に拡大することになる。

IDCのChristopher Chute氏は「3Dプリンタといえば、かつては自動車や航空宇宙などの製造業での活用にとどまっていたが、この3年間で低価格の3Dプリンタと造形材料が普及したことで、コンシューマ、教育、ヘルスケアなど幅広い産業での活用が広がっている」と分析している。

また、同社のKeith Kmetz氏は「盛り上がりを見せる3Dプリンタ市場はメインストリームになりつつある。3Dプリンタのテクノロジーが、いくつかの地域や産業で強力にアピールするようになってきている」と言う。

今後も、3Dプリンタ市場の高成長率は続き、主要な地域と産業が成長を牽引するとIDCは予測する。今後は特に、中国がハードウェアやサービスの面において3Dプリンタ市場を牽引するとみており、アジア太平洋地域、アメリカ、西ヨーロッパが占める3Dプリンタへの支出の割合が、2014年の59.2%から2019年には約70%になるだろうとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る