新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界3Dプリンタ市場は2019年に267億ドル規模へ拡大——IDC予測

米調査会社IDCが、世界の3Dプリンタ市場は年平均27%で成長し、2019年に267億ドル(約3兆1500億円)規模へ拡大するとの予測を発表した。2015年の市場規模はおよそ110億ドル(約1兆3000億円)のため、4年で約2.4倍に拡大することになる。

IDCのChristopher Chute氏は「3Dプリンタといえば、かつては自動車や航空宇宙などの製造業での活用にとどまっていたが、この3年間で低価格の3Dプリンタと造形材料が普及したことで、コンシューマ、教育、ヘルスケアなど幅広い産業での活用が広がっている」と分析している。

また、同社のKeith Kmetz氏は「盛り上がりを見せる3Dプリンタ市場はメインストリームになりつつある。3Dプリンタのテクノロジーが、いくつかの地域や産業で強力にアピールするようになってきている」と言う。

今後も、3Dプリンタ市場の高成長率は続き、主要な地域と産業が成長を牽引するとIDCは予測する。今後は特に、中国がハードウェアやサービスの面において3Dプリンタ市場を牽引するとみており、アジア太平洋地域、アメリカ、西ヨーロッパが占める3Dプリンタへの支出の割合が、2014年の59.2%から2019年には約70%になるだろうとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る