新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大阪に駅直結のオープンイノベーションファブ施設「The DECK」がオープン

The DECKは4月、オープンイノベーションファブ施設「The DECK(ザ・デッキ)」をオープンする。大阪市営地下鉄堺筋本町駅に直結しており、個人向けのコワーキングスペース/ファブ施設でありながら、オープンイノベーションに積極的な企業も会員(企業パートナー)となって、個人と企業の隔てなく日常的に共創に取り組む場所を目指すという。

The DECKでは、3Dプリンタやレーザーカッターをはじめとした機材を備えるとともに、ハッカソンでの制作物やIoT製品などの展示も行うという。先端的な技術やプロダクトに気軽に触れられる機会を提供することで、従来のファブ施設のような高度なスキルを有する利用者だけでなく、DIY、リフォーム、家具や雑貨の制作などを目的とするより一般的な利用者の参加も見込んでいる。

企業パートナーとして、パナソニックや村田製作所をはじめ、多くの有力なコンテンツホルダーが参加しているという。一例として、企業パートナーであるパシフィックリーグマーケティングは、The DECKを拠点としてスポーツ×IT/IoTを軸とした新たな取組みを図る予定で、The DECKのオフィススペースに入居するベンチャー企業KiNE Inc.と協業し、プロ野球の応援をきっかけとして日常的に健康増進を図るアプリ「パ・リーグ ウォーク」をリリースした。

The DECKは、本格的なものづくりを行う「メーカー(企業)」から、気軽にものづくりを楽しむ「メイカー(個人)」までが、日常的にコミュニケーションを図り、新たなアイデアとプロジェクトが生まれる「新たなものづくりの拠点」をめざし、今後コミュニケーションが加速されるイベントを実施するとしている。

オープニングイベントとして、3月29日の17時半から2部制にて「The DECKローンチングセレモニー」を開催する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  10. 紫外線照射でゴム状に硬化、乾燥時間いらずの接着剤「UVBondyゴム状硬化」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る