新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高精細SLA方式3Dプリンタ「Titan 2」——高速化とネットワーク印刷に対応

米Kudo3Dは、Wi-Fi機能やRaspberry Piを搭載して従来品より作業性を高めた高精細光造形(SLA)方式3Dプリンタの新製品「Titan 2」を発表、同社サイトで受注を開始した。

photo

Titan 2の主な仕様は、最大造形サイズ192×108×250mm、XY軸解像度37~100μm、最小積層ピッチは5μmで、同じ価格帯のSLA方式3Dプリンタに比べて高精度な造形が可能だ。

従来モデル(Titan 1)よりも印刷速度を向上したとしており、最大印刷速度は時間あたり68.6mmとなっている。同社によれば、特許出願中の受動自己剥離技術と大型ビルドプラットフォームの改良によって、さらなる高速化が実現できたとしている。

photo

また、本体にRaspberry Piを搭載しており、Wi-Fi接続でタブレットやスマートフォンでパラメータの設定や変更が可能。またネットワーク印刷機能により、データ転送後はPCと接続する必要がないなど、利便性も向上している。

本体は組み立て済みで、XY軸解像度は出荷時に50μmで校正されており、すぐに使うことができる。また、不要な露光を抑えるため、プロジェクタにシャッターを設置し、レジンを硬化させる時のみ、自動的にシャッターが開く構造になっている。

本体サイズは、410×350×850mm、重量は13.5 kgだ。

Titan 2本体と、レジン容器(バット)×2、ビルドプラットフォーム×2、3DM社製ABS樹脂1㎏をセットにしたスターターパッケージの価格は3488ドル(約37万5000円)。6月20日までに発注すると、200ドル割引の3288ドル(約35万3000円)となる。出荷は7月上旬からを予定している。

なお、Titan 1をDIYでTitan 2にアップグレードできるキットも後日発売予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る