新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハンダ付け不要ですぐに使えるArduinoシールド「Innoesys Educational Shield」

センサやリレー、スイッチ類が実装されたArduinoシールド「Innoesys Educational Shield」が、indiegogoにて出資を募っている。

photo

Innoesys Educational Shieldが搭載する入出力インターフェースは、光センサ/温度センサ/ポテンショメータ/ボタン×5/リレー/ブザー/LED×3/サーボモータ用ピンヘッダーなどだ。全て実装済みのため、ユーザーは入出力用の回路を設計したりはんだ付けしたりする必要がなく、Arduino UNOに挿すだけですぐにプログラミングできる。

photo

開発元のInnoesysは、電子工学の苦手なユーザーやソフトウエアに専念したい教育現場での利用を想定しているという。

シールドのサイズは53.34×68.58mm(ポテンショメータ突起部を除く)。対応OSはWindows、Mac OS X、Linux。電源はArduinoボードから供給される直流電源(5V)を使用する。

Innoesys Educational Shield は、indiegogoでの目標額500ドル(約5万1400円)に対し、現時点で74ドル(約7600円)を集めている。本体価格は20ドル(約2050円)で今なら早期割引価格の14ドル(約1440円)で入手できる。海外への発送は送料が別途必要だ。

スケジュールが順調に消化された場合、出荷は9月頃の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  3. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. 【PR】日本最大の工業都市「豊田市」がスタートアップを支援する理由
  6. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  9. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る