新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルタイムにコーチングしてくれるランニングツール「STEPP」

シューズと腰に装着した3個のセンサデータから下半身の動きを分析し、リアルタイムでコーチングしてくれるランニングツール「STEPP」のプロジェクトがKickstarterに登場した。ランナーの下肢全体の動きをマッピングし、スマートフォンの専用アプリから音声でコーチングする。

photo

STEPPは、左右のシューズと腰に装着したセンサのデータをスマートフォンの専用アプリが分析し、走りの状態をリアルタイムで教えてくれるランニングツールだ。内蔵するモーションセンサ(3軸加速度、3軸ジャイロ、3軸磁気)により、着地角度/時間、速度、ひざにかかる力など合計14のパラメータを計測する。

photo

例えば右足首の角度が不自然だとか、オーバーストライドだとかを教えてくれるので、走りながら修正できる。リアルタイムで集められたさまざまなデータはランニング後に確認でき、友人のデータと比較したり、コーチとシェアしたりできる。

photo

シューズ用センサは専用ケースに入れてシューレースに装着し、ウエスト用はクリップで装着する。スマートフォン用アプリはiOSとAndroidに対応し、各センサとはBluetoothで接続する。

photo

STEPP本体は、3個のセンサと各センサ用のケース、USBケーブル付きポータブル充電ケースのセット。センサはホワイト、ブラックから、装着ケースはブラック、レッド、ブルー、グリーンから、充電ケースはホワイト、ブラックから選べる。

 

photo

STEPPは、Kickstarterで10月8日までクラウドファンディングを実施。これまで7万ドル(約700万円)の目標額に対し2万1000ドル(約210万円)以上を集めている。小売予定価格は199ドル(約1万9900円)。今なら早期割引対象分を119ドル(約1万1900円)で入手できる。2017年7月の発送を予定しており、送料20ドル(約2000円)で日本への出荷も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る