新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プロ向け3Dプリントペン「3Doodler PRO」、フィラメント硬化速度を調節可能に

3DプリントペンメーカーのWobbleWorksから、プロ用モデル「3Doodler PRO」が発売された。3Doodler PROは、3Doodlerの従来モデルにない新たな機能がいくつか追加されており、対応フィラメントの種類も拡大している。

3Doodlerは、空中に文字や絵を描くような感覚で立体アートを制作できる3Dプリントペン。開発元のWobbleWorks は2013年に初期モデル、2015年に「3Doodler 2.0」のクラウドファンディングを実施し、いずれも大成功を収めた。また、今年の5月には、本体とフィラメントのカラーバリエーションを増やした「3Doodler Create」を発売した。

photo

新製品の3Doodler PROはプロ用に機能が強化されており、使用するフィラメントに対して最適な押し出し速度と温度が設定できるようになっている。速度は8段階に、温度は100~250℃の範囲で調整可能。ボディに新たに設けられたLCDディスプレイには、使用時の温度が表示される。

また3Doodler PROは、押し出されたフィラメントが硬化する時間を調整するための冷却ファンを内蔵。冷却ファンは、停止、低速、高速の3段階の設定が可能だ。

photo

フィラメントは、ポリカーボネート、ナイロン、ウッド(木材のようなプラスチック素材)、銅と青銅の複合材料が新たに使用可能になった。販売価格は約250ドル(約2万6000円)。3DoodlerのWebサイトから注文できるが、出荷先は現在のところアメリカ国内に限られている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る