新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プロ向け3Dプリントペン「3Doodler PRO」、フィラメント硬化速度を調節可能に

3DプリントペンメーカーのWobbleWorksから、プロ用モデル「3Doodler PRO」が発売された。3Doodler PROは、3Doodlerの従来モデルにない新たな機能がいくつか追加されており、対応フィラメントの種類も拡大している。

3Doodlerは、空中に文字や絵を描くような感覚で立体アートを制作できる3Dプリントペン。開発元のWobbleWorks は2013年に初期モデル、2015年に「3Doodler 2.0」のクラウドファンディングを実施し、いずれも大成功を収めた。また、今年の5月には、本体とフィラメントのカラーバリエーションを増やした「3Doodler Create」を発売した。

photo

新製品の3Doodler PROはプロ用に機能が強化されており、使用するフィラメントに対して最適な押し出し速度と温度が設定できるようになっている。速度は8段階に、温度は100~250℃の範囲で調整可能。ボディに新たに設けられたLCDディスプレイには、使用時の温度が表示される。

また3Doodler PROは、押し出されたフィラメントが硬化する時間を調整するための冷却ファンを内蔵。冷却ファンは、停止、低速、高速の3段階の設定が可能だ。

photo

フィラメントは、ポリカーボネート、ナイロン、ウッド(木材のようなプラスチック素材)、銅と青銅の複合材料が新たに使用可能になった。販売価格は約250ドル(約2万6000円)。3DoodlerのWebサイトから注文できるが、出荷先は現在のところアメリカ国内に限られている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る