新しいものづくりがわかるメディア

RSS


VRゲームキャラに触れられる——触感型ゲームコントローラ「UnlimitedHand」 研究開発者向けエディション

総合商社のアスクは、東京大学発のベンチャー企業H2Lが開発した触感型ゲームコントローラ「UnlimitedHand」研究開発者向けエディションの取り扱いを開始する。

UnlimitedHandは、VR(バーチャルリアリティ)やAR(オーグメンテッドリアリティ)ゲーム向けのコントローラだ。モーションセンサと筋変位センサアレイを内蔵し、腕に巻いたユーザーの手の動きをゲームに入力できる。また、機能的電気刺激を与えることで、ユーザーの手の筋肉を収縮させ、VRやAR世界における擬似的な触感をフィードバックとして与えることができる。

同社によれば、ボタンやジョイスティックを使う従来のゲームコントローラでは直感的な操作ができないため、VRゲームやARゲーム向きではないという。UnlimitedHandを使えば、自分の手でゲーム内のキャラクターと触れ合ったり、手にした銃の反動を感じたりといった新しい体験をユーザーに提供できるVR/ARゲームを開発することができる。

UnlimitedHand 研究開発者向けエディションは、Project Whiteのツクモパソコン本店や全国のツクモ法人営業部を通じて、10月中に予価3万5000円で発売予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る