新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自社専用IoTを安価に開発できる——インフォテリアとCerevo、「DIY型IoT」開発環境の構築に向け協業

インフォテリアとCerevoは、IoT活用モバイルクラウド基盤「Platio」とIoT開発モジュール「BlueNinja」を連携させ、自社のニーズに適したIoT機器と対応ソフトウェアの双方を企業自らが簡単にカスタム開発できる「DIY型IoT」開発環境を構築する。

インフォテリアのPlatioは、IoT機器を活用したアプリやサーバー側プログラムの開発、アプリの配布、システム全体の運用に対応したプラットフォーム。ユーザーはプログラミングの知識がなくても、カスタマイズ可能なテンプレートを利用して、アプリを簡単に制作できる。また、データベースがアプリのデータ構造から自動的にクラウド上に準備されるため、アプリの配布や更新が可能となる。

一方CerevoのBlueNinjaは、試作から量産まで幅広くカバーしたIoT開発モジュールだ。東芝の低消費電力SoC「TZ1001」を採用することで、Bluetooth Low EnergyとARM Cortex-M4Fコアを実装。さらに、加速度、角速度、地磁気といった9軸センサのほか、気圧センサやリチウムイオン電池の充放電回路も搭載する。

インフォテリアとCerevoは、DIY型IoT開発環境を共同で促進していく意向を示した。今回の連携により、PlatioはBlueNinjaのプロファイルにワンタッチでつながるようになる。また、PlatioのテンプレートにBlueNinja用を追加し、BlueNinja用のPlatio対応ファームウェアを用意する。DIY型IoT開発環境の提供開始は2016年度第4四半期の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  3. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  4. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  5. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  6. 高さ1800mmサイズで大型造形可能——ミマキエンジニアリング、GDP方式の大型3Dプリンター「3DGD-1800」発売
  7. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  8. レーザー加工機の使用により1つ2分で作成可能——東京メイカー、新型コロナウイルス対策用のフェイスガードを作成
  9. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  10. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る