新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自社専用IoTを安価に開発できる——インフォテリアとCerevo、「DIY型IoT」開発環境の構築に向け協業

インフォテリアとCerevoは、IoT活用モバイルクラウド基盤「Platio」とIoT開発モジュール「BlueNinja」を連携させ、自社のニーズに適したIoT機器と対応ソフトウェアの双方を企業自らが簡単にカスタム開発できる「DIY型IoT」開発環境を構築する。

インフォテリアのPlatioは、IoT機器を活用したアプリやサーバー側プログラムの開発、アプリの配布、システム全体の運用に対応したプラットフォーム。ユーザーはプログラミングの知識がなくても、カスタマイズ可能なテンプレートを利用して、アプリを簡単に制作できる。また、データベースがアプリのデータ構造から自動的にクラウド上に準備されるため、アプリの配布や更新が可能となる。

一方CerevoのBlueNinjaは、試作から量産まで幅広くカバーしたIoT開発モジュールだ。東芝の低消費電力SoC「TZ1001」を採用することで、Bluetooth Low EnergyとARM Cortex-M4Fコアを実装。さらに、加速度、角速度、地磁気といった9軸センサのほか、気圧センサやリチウムイオン電池の充放電回路も搭載する。

インフォテリアとCerevoは、DIY型IoT開発環境を共同で促進していく意向を示した。今回の連携により、PlatioはBlueNinjaのプロファイルにワンタッチでつながるようになる。また、PlatioのテンプレートにBlueNinja用を追加し、BlueNinja用のPlatio対応ファームウェアを用意する。DIY型IoT開発環境の提供開始は2016年度第4四半期の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る