新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自社専用IoTを安価に開発できる——インフォテリアとCerevo、「DIY型IoT」開発環境の構築に向け協業

インフォテリアとCerevoは、IoT活用モバイルクラウド基盤「Platio」とIoT開発モジュール「BlueNinja」を連携させ、自社のニーズに適したIoT機器と対応ソフトウェアの双方を企業自らが簡単にカスタム開発できる「DIY型IoT」開発環境を構築する。

インフォテリアのPlatioは、IoT機器を活用したアプリやサーバー側プログラムの開発、アプリの配布、システム全体の運用に対応したプラットフォーム。ユーザーはプログラミングの知識がなくても、カスタマイズ可能なテンプレートを利用して、アプリを簡単に制作できる。また、データベースがアプリのデータ構造から自動的にクラウド上に準備されるため、アプリの配布や更新が可能となる。

一方CerevoのBlueNinjaは、試作から量産まで幅広くカバーしたIoT開発モジュールだ。東芝の低消費電力SoC「TZ1001」を採用することで、Bluetooth Low EnergyとARM Cortex-M4Fコアを実装。さらに、加速度、角速度、地磁気といった9軸センサのほか、気圧センサやリチウムイオン電池の充放電回路も搭載する。

インフォテリアとCerevoは、DIY型IoT開発環境を共同で促進していく意向を示した。今回の連携により、PlatioはBlueNinjaのプロファイルにワンタッチでつながるようになる。また、PlatioのテンプレートにBlueNinja用を追加し、BlueNinja用のPlatio対応ファームウェアを用意する。DIY型IoT開発環境の提供開始は2016年度第4四半期の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  4. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  5. ゴムのように柔軟、250℃にも耐える——XYZプリンティングから光造形レジン2種
  6. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  7. 金属3Dプリンティングで問題となる空孔の発生過程を解明——不安定なキーホールの「崩壊」が原因
  8. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る