新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Cerevo、開発者支援ブランド「Maker Series」第2弾は超小型IoT開発モジュール「BlueNinja」

Cerevoは、9軸モーションセンサやBluetooth LE通信機能を備えたIoT開発用モジュール「BlueNinja」を発表した。8月上旬に出荷を開始する。BlueNinjaは同社がハードウェア開発者を支援するため立ち上げたブランド「Maker Series」の第2弾。価格は4890円(税別)。

BlueNinjaは、低消費電力の無線通信技術Bluetooth LEとARM Coretex-M4Fコアを内蔵した、東芝の低消費電力SoC「TZ1001」をメインSoCとして採用し、9軸センサ(加速度/角速度/地磁気)と気圧センサを備えている。リチウムイオン電池の充放電回路も搭載しており、BlueNinjaにリチウムイオン電池を組み合わせるだけで、動作をトラッキングするウェアラブルデバイスなどのIoT機器を設計、製造できる。「IoT機器を今すぐ作れるモジュール」として、初心者からプロまで、試作から量産まで幅広く利用できるという。日本および欧州(予定)、米国(予定)の電波法、不要輻射規制に対応している。

東芝はTZ1001および関連設計情報を提供し、Cerevoは最終製品を手がけるハードウェアスタートアップの視点から、モジュールの仕様を策定し、販売を行う。BlueNinjaはCerevoが独自に開発した初のシリーズ製品という側面も持っている。製造はDMM.make AKIBAで行われた、「秋葉原生まれ メイドインジャパン」モジュールだとしている。

BlueNinjaは、単体販売の他にデバッガ付きブレイクアウトボードを搭載した開発キットも販売する。開発キットの価格は9990円(税別)。また、発売を記念して先着300人にデバッガ付きブレイクアウトボードのセットモデルにリチウムイオン電池を同梱したスペシャルモデルをCerevo official storeで送料無料で販売する。Maker Faire Tokyo 2015のFlashAirブースに出展し、ミニ四駆のテレメトリーシステムを展示する予定。 

デバッガ付きブレイクアウトボード。 デバッガ付きブレイクアウトボード。
BlueNinjaを搭載したミニ四駆。 BlueNinjaを搭載したミニ四駆。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る