新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで音声入力——デュアルA-Dコンバータ搭載拡張ボード「Pumpkin Pi」

マルツエレックは、Raspberry Pi用アナログ音声入力拡張ボード「Pumpkin Pi」を12月10日に発売した。CQ出版社発行の「トランジスタ技術2017年1月号」との連動企画製品だ。

photo

Pumpkin Piは、Raspberry Pi Model B+以降のモデル(B+/2/3)に対応しており、録音用のハイレゾA-Dコンバータ(24bit、96kHz)と可変ゲイン/アンプ内蔵の計測用A-Dコンバータを搭載し、PCMでサンプリング周波数48/96KHzでのオーディオ入力が可能となる。接続には3.5mmステレオジャックを使用する。

本体寸法は65×56mmで、Raspberry Piの純正ケースに収まる大きさだ。はんだ付けが必要な部品は足のついたDIP品で、キットでも組み立てはそれほど難しくない。

部品完全実装済の完成品(5980円)、部品のみセット(2980円)、基板と部品の組み立てキット(3,980円、価格は何れも税込)の3種類が用意されている。

トランジスタ技術との連動企画によるRaspberry Pi関連製品としては、これまでD-Aコンバータ/センサ搭載拡張基板「Apple Pi」PICマイコン/センサ搭載拡張基板「PiCCASO」なども紹介している。あわせて参考にしていただきたい。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る