新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで音声入力——デュアルA-Dコンバータ搭載拡張ボード「Pumpkin Pi」

マルツエレックは、Raspberry Pi用アナログ音声入力拡張ボード「Pumpkin Pi」を12月10日に発売した。CQ出版社発行の「トランジスタ技術2017年1月号」との連動企画製品だ。

photo

Pumpkin Piは、Raspberry Pi Model B+以降のモデル(B+/2/3)に対応しており、録音用のハイレゾA-Dコンバータ(24bit、96kHz)と可変ゲイン/アンプ内蔵の計測用A-Dコンバータを搭載し、PCMでサンプリング周波数48/96KHzでのオーディオ入力が可能となる。接続には3.5mmステレオジャックを使用する。

本体寸法は65×56mmで、Raspberry Piの純正ケースに収まる大きさだ。はんだ付けが必要な部品は足のついたDIP品で、キットでも組み立てはそれほど難しくない。

部品完全実装済の完成品(5980円)、部品のみセット(2980円)、基板と部品の組み立てキット(3,980円、価格は何れも税込)の3種類が用意されている。

トランジスタ技術との連動企画によるRaspberry Pi関連製品としては、これまでD-Aコンバータ/センサ搭載拡張基板「Apple Pi」PICマイコン/センサ搭載拡張基板「PiCCASO」なども紹介している。あわせて参考にしていただきたい。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る