新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで音声入力——デュアルA-Dコンバータ搭載拡張ボード「Pumpkin Pi」

マルツエレックは、Raspberry Pi用アナログ音声入力拡張ボード「Pumpkin Pi」を12月10日に発売した。CQ出版社発行の「トランジスタ技術2017年1月号」との連動企画製品だ。

photo

Pumpkin Piは、Raspberry Pi Model B+以降のモデル(B+/2/3)に対応しており、録音用のハイレゾA-Dコンバータ(24bit、96kHz)と可変ゲイン/アンプ内蔵の計測用A-Dコンバータを搭載し、PCMでサンプリング周波数48/96KHzでのオーディオ入力が可能となる。接続には3.5mmステレオジャックを使用する。

本体寸法は65×56mmで、Raspberry Piの純正ケースに収まる大きさだ。はんだ付けが必要な部品は足のついたDIP品で、キットでも組み立てはそれほど難しくない。

部品完全実装済の完成品(5980円)、部品のみセット(2980円)、基板と部品の組み立てキット(3,980円、価格は何れも税込)の3種類が用意されている。

トランジスタ技術との連動企画によるRaspberry Pi関連製品としては、これまでD-Aコンバータ/センサ搭載拡張基板「Apple Pi」PICマイコン/センサ搭載拡張基板「PiCCASO」なども紹介している。あわせて参考にしていただきたい。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る