新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高精細のマルチカラープリントが可能なFFF方式3Dプリンタ「NIX...」

高精細のマルチカラープリントが可能なFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「NIX...」がKickstarterに登場した。

NIX...は赤、青、黄色の3色のフィラメントを、ユーザが指定した比率で3つのBowdenエクストルーダから混合チャンバへ送る。これにより溶融混合することで、さまざまな色のプリントを可能にする仕組みだ。フィラメントは1.75mmの一般的なPLAが使える。

photo

ただし、赤、青、黄の3色の組み合わせで作れない色でプリントしたい場合は、フィラメントを取り換える必要がある。というのも、NIX...はいわば“多色刷りプリンタ”であって、全ての色を出せるわけではないからだ。

全ての色を出すには、以前fabcrossで紹介したフルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」のように、CMYK(シアン、マゼンタ、黄、黒)に白を加えた5色、あるいは最低でもCMYと白の4色のフィラメントが必要となる。

photo

NIX...の筐体サイズは340×340×350mm、最大造形サイズは200×200×140mm、最小積層ピッチは0.005mm、造形速度は20~40mm/秒、ヘッドの移動速度は150~200mm/秒だ。ソフトウェアは、オープンソースの「Repetier」に特定のパラメータを適用して使用する。

NIX...は2017年2月14日までクラウドファンディングを実施。1月16日時点では、目標額の2万ポンド(約280万円)に対して、約1万ポンド(約140万円)を集めている。早期割引適用価格は、自分で組み立てるDIYキットが749ポンド(約10万円)、完成品が849ポンド(約12万円)。出荷は2017年6月の予定だ。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る