新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高精細のマルチカラープリントが可能なFFF方式3Dプリンタ「NIX...」

高精細のマルチカラープリントが可能なFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「NIX...」がKickstarterに登場した。

NIX...は赤、青、黄色の3色のフィラメントを、ユーザが指定した比率で3つのBowdenエクストルーダから混合チャンバへ送る。これにより溶融混合することで、さまざまな色のプリントを可能にする仕組みだ。フィラメントは1.75mmの一般的なPLAが使える。

photo

ただし、赤、青、黄の3色の組み合わせで作れない色でプリントしたい場合は、フィラメントを取り換える必要がある。というのも、NIX...はいわば“多色刷りプリンタ”であって、全ての色を出せるわけではないからだ。

全ての色を出すには、以前fabcrossで紹介したフルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」のように、CMYK(シアン、マゼンタ、黄、黒)に白を加えた5色、あるいは最低でもCMYと白の4色のフィラメントが必要となる。

photo

NIX...の筐体サイズは340×340×350mm、最大造形サイズは200×200×140mm、最小積層ピッチは0.005mm、造形速度は20~40mm/秒、ヘッドの移動速度は150~200mm/秒だ。ソフトウェアは、オープンソースの「Repetier」に特定のパラメータを適用して使用する。

NIX...は2017年2月14日までクラウドファンディングを実施。1月16日時点では、目標額の2万ポンド(約280万円)に対して、約1万ポンド(約140万円)を集めている。早期割引適用価格は、自分で組み立てるDIYキットが749ポンド(約10万円)、完成品が849ポンド(約12万円)。出荷は2017年6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る