新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手書きの質感を再現——ロボティクスアームで精細に描画できるプロッター「XPlotter」

文字や絵を手書きのような質感で再現できるほか、レーザーによる彫刻や裁断も可能なプロッター「XPlotter」がKickstareterにて出資を募っている。

XPlotterは、人の手書きの質感を再現できるペンプロッターだ。ロボティクスアームがペンを持ち、手書きに近い角度で文章を書く。ペンホルダーは万年筆や鉛筆をはじめ、チョークや蛍光ペンなどに対応。タイプミスや紙の汚れを気にせずに、好きなフォントや文字で文章を作成できる。作成された文章は、手書きと比べても遜色のない仕上がりになるという。

photo

文字のほかに絵も描画できる。イメージを選び、コンピュータにアップロードするだけで、描画が開始される。単にイメージを「印刷」するのではなく、さまざまなな線の太さや密度を使いわけ、質感や陰影を再現できる。

photo

また、レーザーによる彫刻や裁断も可能だ。レーザー出力は2.5W。対応素材は紙、皮革、布などだ。付属品としてレーザーから眼を保護するためのゴーグルも提供される。

photo

XPlotterを利用するには、WindowsとMac OSに対応した専用アプリのインストールが必要。本体寸法は540×390×95mmで、ワークサイズは300×245×10mm。入出力端子としてはUSB端子とSDカードスロットを本体側面に搭載。電源は12V(直流)だ。

XPlotterは2017年4月1日までクラウドファンディング中。2月3日時点では、目標額の5000ドル(約57万円)を大幅に上回る約5万5000ドル(約620万円)を集めている。

早期割引適用価格は通常版が349ドル(3万9000円)で、レーザー加工版が449ドル(約5万1000円)。出荷開始は2017年7月の予定で、送料は70ドル(約8000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る