新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTでのハードウェアスタートアップを支援する「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」募集開始

TAG

起業 IoT アクセラレータ

DMM.comは、ハードウェアスタートアップのためのモノづくり施設「DMM.make AKIBA」において、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたブラッシュアップをサポートするプログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」の応募チーム募集を開始した。応募期間は3月6日から31日までだ。

同プログラムは、DMM.make AKIBAや、IoTに関する技術・ビジネスに精通した企業が、ビジネス化を目指したIoTプロトタイプのブラッシュアップを3カ月間サポートするもので、今回が第2回となる。前回は26チームが応募し、うち10チームが採択されている。

サポートの対象は、ビジネス化や起業を視野に入れた、趣味にとどまらないIoTプロダクトを開発するエンジニアやチーム。応募のあったチームの中から、プレゼンテーションやディスカッションを通じて採択チームを決定する。

サポート企業は、応募チームを審査して選考し、各社の特色を活かして技術面ビジネス面から3カ月間サポートする。現在決定しているサポート企業は「ニフティ」「オリックス」「and factory」などで、随時追加予定だという。

採択されたチームは3カ月間、現状のプロトタイプをビジネス化に向けて次の段階へレベルアップするため、企業や投資家などに対するプレゼンテーションやクラウドファンディングへの出品などの活動を行う。また、採択期間中である3カ月間はDMM.make AKIBAの利用費用の一部が免除される。

応募は募集ページからWebフォームで申し込む。事前審査の後、3月20日から4月7日のいずれかの日程に選考会を開催し、応募者がプレゼンテーションする。選考結果は、4月10日にメールで通知される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る