新しいものづくりがわかるメディア

RSS


200×200×400mmの小型光造形3Dプリンタ「Bean」、4月末から先行予約

米Kudo3Dは、本体サイズが200×200×400mmとコンパクトな光造形3Dプリンタ新製品「Bean」を発表した。4月末からKickstarterを使って先行予約を受け付ける。

シックなデザインの本体は「Bean」(マメ)という名前のとおりのコンパクトサイズながら、最大造形サイズは68×120×150mm。XY解像度は50μmだ。

Beanは、同社の高精細光造形3Dプリンタ「Titan」シリーズが採用する受動自己剥離技術を搭載。高解像度の光造形による3Dプリントが高速で可能だという。

Kudo3Dは2014年に光造形方式の3Dプリンタ「Titan 1」をリリース。Kickstarterで出資を募ったところ、わずか1日で20万ドルを集めた。しかしDLPプロジェクターを利用するTitanシリーズは製造コストが高く、低価格での販売が難しかったという。

Beanの販売価格はまだ公表されていないが、「業界の常識を覆す技術と価格でまた詳細を発表する予定」だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る