新しいものづくりがわかるメディア

RSS


200×200×400mmの小型光造形3Dプリンタ「Bean」、4月末から先行予約

米Kudo3Dは、本体サイズが200×200×400mmとコンパクトな光造形3Dプリンタ新製品「Bean」を発表した。4月末からKickstarterを使って先行予約を受け付ける。

シックなデザインの本体は「Bean」(マメ)という名前のとおりのコンパクトサイズながら、最大造形サイズは68×120×150mm。XY解像度は50μmだ。

Beanは、同社の高精細光造形3Dプリンタ「Titan」シリーズが採用する受動自己剥離技術を搭載。高解像度の光造形による3Dプリントが高速で可能だという。

Kudo3Dは2014年に光造形方式の3Dプリンタ「Titan 1」をリリース。Kickstarterで出資を募ったところ、わずか1日で20万ドルを集めた。しかしDLPプロジェクターを利用するTitanシリーズは製造コストが高く、低価格での販売が難しかったという。

Beanの販売価格はまだ公表されていないが、「業界の常識を覆す技術と価格でまた詳細を発表する予定」だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る