新しいものづくりがわかるメディア

RSS


200×200×400mmの小型光造形3Dプリンタ「Bean」、4月末から先行予約

米Kudo3Dは、本体サイズが200×200×400mmとコンパクトな光造形3Dプリンタ新製品「Bean」を発表した。4月末からKickstarterを使って先行予約を受け付ける。

シックなデザインの本体は「Bean」(マメ)という名前のとおりのコンパクトサイズながら、最大造形サイズは68×120×150mm。XY解像度は50μmだ。

Beanは、同社の高精細光造形3Dプリンタ「Titan」シリーズが採用する受動自己剥離技術を搭載。高解像度の光造形による3Dプリントが高速で可能だという。

Kudo3Dは2014年に光造形方式の3Dプリンタ「Titan 1」をリリース。Kickstarterで出資を募ったところ、わずか1日で20万ドルを集めた。しかしDLPプロジェクターを利用するTitanシリーズは製造コストが高く、低価格での販売が難しかったという。

Beanの販売価格はまだ公表されていないが、「業界の常識を覆す技術と価格でまた詳細を発表する予定」だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る