新しいものづくりがわかるメディア

RSS


200×200×400mmの小型光造形3Dプリンタ「Bean」、4月末から先行予約

米Kudo3Dは、本体サイズが200×200×400mmとコンパクトな光造形3Dプリンタ新製品「Bean」を発表した。4月末からKickstarterを使って先行予約を受け付ける。

シックなデザインの本体は「Bean」(マメ)という名前のとおりのコンパクトサイズながら、最大造形サイズは68×120×150mm。XY解像度は50μmだ。

Beanは、同社の高精細光造形3Dプリンタ「Titan」シリーズが採用する受動自己剥離技術を搭載。高解像度の光造形による3Dプリントが高速で可能だという。

Kudo3Dは2014年に光造形方式の3Dプリンタ「Titan 1」をリリース。Kickstarterで出資を募ったところ、わずか1日で20万ドルを集めた。しかしDLPプロジェクターを利用するTitanシリーズは製造コストが高く、低価格での販売が難しかったという。

Beanの販売価格はまだ公表されていないが、「業界の常識を覆す技術と価格でまた詳細を発表する予定」だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. FabLab浦和-Beta(埼玉 浦和)
  7. Formlabs、歯列矯正器具用生体適合レジン「Dental LT Clear」を発表
  8. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  9. 武藤工業、造形後に変形できる3Dプリンター用フィラメント発売
  10. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る