新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国内最大のMakersの祭典「Maker Faire Tokyo 2017」出展者募集開始

オライリー・ジャパンが主催する国内最大のMakersの祭典「Maker Faire Tokyo 2017」の詳細が明らかになり、出展者の募集を開始した。

photo

今年で6回目となるMaker Faire Tokyo 2017は、8月5日12:00~19:00と翌8月6日10:00~18:00の2日間の日程で東京ビッグサイト(東7/8ホール)にて開催される。

出展はイベントサイトから受け付けており、締め切りは5月2日13:00。選考は「テクノロジーの使い方に関する新しいアイデア、ユニークなアイデアの提案」「物作りの楽しさの共有」などの観点から行われ、5月31日までに出展可否の通知が主催者から来る。

photo

出展対象は自作作品や物づくりのための素材/部品またはソフトウェア/サービスなど。出展区分と出展料は、物販を行わないデモだけの個人/グループのMakerが出展料無料、物販を行う個人/グループのCommercial Makerがテーブル1本あたり出展料2万1600円、企業出展がテーブル1本あたり10万8000円(いずれも税込)となる。

photo

展示の他に、会場内のステージで行うプレゼンテーションやワークショップスペースで行うワークショップ、またハンズオンセミナーやライブパフォーマンスを行うことができる。 入場料は、前売大人1000円、18歳以下500円、当日大人1500円、18歳以下700円で、前売りはローソンチケットまたはe+で購入できる。

Maker Faire Tokyo 2016ダイジェスト

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  3. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  6. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る